よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
加賀と梶山(大宮戦後編)

 サッカーってテレビゲームとは違うんだなぁって思った。

昨日の引き続きになってしまうのだが、よく、なんであそこでシュートを撃てないかなぁとか、なんであそこにパス出せないかなぁってぼやく人がいたりするのだが、テレビで見返すと大概それは無茶な要求だったりする。

まぁ、徳永のシュートを”クロス”と言い放つ輩なんて相手にする必要はないのだが…

まぁ、加賀は前半一発目のプレーで東にパスカットされるという失態を演じてしまった。

ACLでデビューしたとはいえ、Jリーグの東京デビュー戦
足を攣ってしまった前節を踏まえての疲労度
そして東京のサッカーにはまだフィットは完全にしていない状態

それに加えて、全体的に一歩出足が遅い展開も加えて、厳しい言い方をするんだっら去年まがりなりにも、ジュビロの主力センターバックとは思えない動きであった。もしかしたら、周りの動きが一歩遅かったのが最終的に加賀に影響が出てしまったのかもしれないのだが

だけど、なんとなく前半終了しても加賀を変えるとは思わなかった。

ゼロックス杯のとき目先の試合を必ず勝つための人選をしたと実況の人が言っていたが、逆に言うならば、リーグ初戦とはいえ34試合のうちの1試合という思いはあるであろう。外さなければ絶対に負けてしまうという展開ではないと思えたため、ここで外したら加賀はもう1年間使うことができない可能性があるトラウマに見舞われてしまう可能性があるからこそ、後半に関して喝を入れるだけで終わるだろうとも思っていた。

そのあとの展開は知ってのとおり、確かに周りに助けられた面があるのは否定しないが、それでも加賀の良さが出てきたと思う、それが結果には確かにつながらなかったが、近い将来に結果が出る可能性を感じさせてくれた。

もう一つは25分に行われたといわれた梶山と長谷川のポジションチェンジ、要因はいろいろあるのかもしれないが、長谷川がボランチで生きたというよりは、梶山がトップ下で通用したほうが驚いた。

もちろん梶山にトップ下の適正がないとは思っていない。だけど、徳永のセンターバックと同様に、本人がもともと得意なポジションに対して自分ができることを求めてしまっているような気がしたからこそ、梶山のトップ下にいい思い出はない。

だけど…代わりに入った長谷川はそのプレッシャーにも負けずにしっかりと役割を果たした。

権田のスーパーセーブ。高橋の献身的な守備も確かに役にはたったが、そ例外に梶山と加賀は今後のリーグ戦を戦ううえで新たなオプションを加えてくれたのかなって思います。

だけど…確かに得点を決めたけど、ルーカスのワントップは羽生のトップ下あってのルーカスワントップなのかなって思ったりもしたのだが…むしろ渡邉千真が入った後でMFに下がったほうが聞いていたような気がするのは気のせいだろうか?

ちなみに一方の大宮。運がなかった、新戦力がフィットしなかったといろいろと不運な点があったような気がするが5番のカルリーニョスはほとんどボールを取られていないような気がするしバランスが良かった。フィットしたら怖いなぁって思ったのは私だけ?

おまけ:権田が後半痛んだとき塩田の準備が早かった。そして権田の○マークが出たとき一瞬固まったのは気のせいか?

| 2012年観戦記 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
疲労の中の戦い(大宮戦前編)
しばらく間を空けると言い訳なんて考えたりしてしまうのだが、それを考えてしまうから更新できなくなってしまうわけで

何事もなくはじめますか(ぼそ)

まぁご他聞にもれず、ゼロックスを観に行き、ACLはテレビ観戦。そして開幕戦は大宮に行ってきました。

前の二試合の話はおいておいて、見たからこそいろいろな期待をしてしまったけど、それを打ち砕くような多くのACL経験チームが経験した”疲れ”というものが顕著に出ていたのかなって思います。

その中でしっかりと勝利という結果を出せたのは良かったのと、ナックファイブに何かあるのかなぁとは思います。

まぁ、皆さんの周りがどうだったかと思うのですが、私個人的にいえば、よくわからない無茶な理想論を語る野次野郎がすぐ真後ろにいるという最悪な環境の中でこういうのに出会ってしまうと自分が冷めてしまうのは置いておいて、こういう場合は得てして良い結果が出たためししかない中で勝てたのは本当に良かったかなと

まぁ、ポポビッチの目指しているサッカーを考えれば前半45分間完全に間逆なサッカーをしていたような気がするけど、大宮は東京の疲労度を考えて、ハイプレッシャーで早めに得点を挙げて勝負を決めたかったのかなとも思います。

そういう意味でルーカスの得点の後は大宮の足が止まってしまったような木がするのだが、そういう意味で後半の3分の2くらいが東京が良いサッカーをしていて、それまでは権田に助けられただけ…

その中で秀人はボールを奪うのうまくなったなぁって思います。

90分終わっての結果でしっかりと出せたことを何よりも評価したいかなって思います。

まぁとりあえず、そのおかげで名古屋に勝てばもしかすればとも思ってしまうのですが…
| 2012年観戦記 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
遅れながらの謹賀新年

もう4日ですけど改めてあけましておめでとうございます。

今年は新年早々いいことがありました。そういう意味で1年間の疲れをしっかりととって新シーズンに臨んでほしいとは思います。

で、その日は残念ながら国立にはいなくて家族サービスしていました。もちろんテレビでは見ていましたけど…

1年の年初めは国立に行って、いつか東京がこの舞台に立ってほしいなぁと思いながら独身時代を過ごしていたのですが、まぁいざピッチにたって優勝した姿を国立で観る事は出来なかったけど、それなりに満足はしています。

東京は、一年間の蓄積を結果として出せたと思う。日本代表に入るポテンシャルがある選手が多いといわれていたが、結局は今野以外は大きな評価がある選手はいなかった。森重だけを見たとしても1年間で大きな自覚が出ていることは感じられている。戦術的な熟成+個人能力の成長が果たした結果なのかと…

一方の京都に対しては、成長はしていたけど、1失点しても負ける気がしなかったのも事実なのかな。俺達の国立がそうさせてくれたのか、1年間の成長の結果なのか相性なのかは置いておいて…

とりあえずはナビスコカップの優勝も感動できたけど、天皇杯の優勝は元旦に行うことはどうなのよ?と言う話もあるみたいだけど、まぁ優勝したことを考えればいいのかなとも思ってしまった。

とりあえず…天皇杯が昔から足繁く通っていた場所ならば、獲得したACLの出場権は私にとってはテレビでしか見ていないもの。そういう意味で、今年はACLでアジアの戦いが楽しみなのかなと思う

とりあえず監督と選手の話は次にでも…

| よっし〜の独り言 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(257) |
年末の挨拶?

とりあえず、気がついたら3ヶ月あまり生きています。

体調を大きくくずしてしまい、病院の看護師にも顔を覚えられてしまうくらいボロボロではあったんですけど

ま、そんな話は置いておいて2011年いろいろとありました。一つ前のエントリにも書いていたんですけど、まぁ私の環境も変わってしまったんですが…まぁそんな感じです。

J2に降格してから1年で昇格と言うことに関してはいろいろとあるのかもしれないけど、まぁその辺はオフシーズンにつぶやけばいいなぁなんて思ったり。

まぁ、今年は最後の最後に浦和に久しぶりに勝ち、決勝に進出することが出来、ジンクスみたいなものを少しずつ破っているような気がする。

とりあえずは2011年度版東京の最後と多分人生で最後になるであろう大熊監督の監督としての采配を勝利で飾ってほしいなと思います。

その試合には行けないのですが、テレビの前でとりあえずは応援しています。

ま、そんな感じ

| よっし〜の独り言 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
あれから12年

さて、明日普通に行けば昇格が決まりそうと言う状態でありますが、ツィッターやFACEBOOKなどを見ても、急遽行くようになった人もいるみたいですね。

そんな私は家庭の事情に加えて、体調までくずしてしまったのでいけるわけはない状態なんですけど。

でも…12年前に私はすでにそんな境遇を経験しているわけであって…うらやましいとは思うけど…まぁうらやましいですね(笑)

現地に行く方は鳥取を存分に楽しんでください。今回は確実に昇格を見に行くだけの戦いだからね。まぁそれで足元をすくわれれば…なんて感じにはならないでほしいのですが…

そういえば12年前は他の情報なんてこんな簡単には入ってこなかったし、相手の風景なんてものもダイレクトに伝わってこなかった。

前節で昇格争いをしている3チーム(鳥栖・札幌・徳島)の踏ん張りもあったので決まらなかったが、その一つ前の試合で札幌や徳島が勝つことができなかった後のあの絶望的な風景はなんとなくインパクトには残っています。まぁダイジェストで見た程度ですけどね。

去年の柏や一昨年のセレッソやその前の広島のようにぶっちぎりな感じはなかったけど、それでも、東京包囲網で挑んできたほかのJ2チームの踏ん張りがあったからこそ東京は成長できたのかもしれないし、いや今後も成長し続けなければいけないのかなってね

とりあえず言いたいことはあるかもしれないけど、明日素直に勝ってホーム最終戦を。去年の最終戦で出来なかったことをしっかりと果たしてくれればと思います。

| 単なる日記 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
歓喜のゆりかご(横浜戦)

少しだけ近況報告

私のサイトの開設時期。二年目の夏のボーナスで自分用のパソコンを買い、サイトを立ち上げた。だから、私の年齢はだいたいわかると思うけど、まぁいわゆる中堅社員といった感じ。

そんな私に新しい仕事が舞い込んできたのはつい二ヶ月ほど前。今までの勤務がお客さんに評価された言わば大抜擢とも言える仕事である。

私の結婚式の主賓の挨拶をしてくれた、今は執行役員になっている三つ上の上司は、その仕事の話を辛いかもしれないがお前がやりたいならやってこいと言ってくれた。そして、、、その仕事を受けた瞬間に自分の生活は大きな変化が生じた。

正直。今までの仕事だって自分以外にできる人が限られている仕事で引き継ぐのも大変な作業の状態だからこそ、ボロボロだったりする。ここだけの話かなり精神的に参っている。

それでも、家族のため、評価してもらったお客さんや上司や何よりも自分のために歯を食いしばって頑張るしかないのである。少なくても逃げることはもう絶対に出来ない。

そんな状態で強引に健康診断をねじ込んで行った横浜戦は、それだけの価値がある試合だった。

もし引き分けていたらどうだったろうか?
もし早いうちに得点が決まって楽な状態ならどうだろうか?

自分が久しぶりにブログなんて書いたからいけなかったのか?
自分が忙しいさなか三ッ沢に行ったのが行けなかったのか?
いつも腰に巻いているタオルマフラーを首に巻いたからなのか?
はたまたインドネシアに行っているはずのこの男が来たからなのか(笑)?

もし、引き分けていたとしても、ターニングポイントにならなかったかもしれない。

だけどこの試合はあの展開で勝ったことによりターニングポイントになり得た試合になったのかな、、、とは思う。

そして、、、自分自身にもターニングポイントになった試合と言い切れる試合になった。

あの試合展開と

ボールを転がってきたときに、確実に決めようとお手本のように、蹴る方向を確認してしっかりと抑えたシュートを放つまでのナオの姿と

そのシュートがゴールに吸い込まれる瞬間と

その後にはにかみながら、ゆりかごをしたナオの姿は絶対に忘れられない風景になった。

後はその瞬間を自分の大切な仲間と共有でき、ピッチの中の選手の喜んでいる姿もね。

言うなれば

あの、シュートを思い出せば、つらい仕事も前向いてやれる。

あの、シュートを思い出せば、また、どんなに忙しくても東京のために時間を作りたいと思えるようなシュートと試合であった。

振り返れば、少なくても、ナオにはどん底な精神状態の時に一回助けてもらっている。

偶然だけど、五年半前新郎である私の退場曲に選んだのはdown beat stompなんだよね。

その時は確かにナオが一番好きだから選んだ訳ではないけど、今振り返ると感謝しています。

そして、これからもね

| 2011年観戦記 | 00:08 | comments(1) | trackbacks(7) |
勝てるようになった理由?

恥ずかしながら1ヶ月くらいの更新です

決して月次更新ではないです…

で、前回勝てない理由を書いたんだけど、それ以後上昇気流で勝ち進んでいたりします。

結局あの頃からの違いって何なのさって思ったりはするんですけど…思うに結局は逆に変わりに出てきた選手が結果を出すことが出来たこと。

そして、その選手のすべてとは言わないがポジションを奪い取ったことが相乗効果になっているのかなって思います。

それが椋原と権田だったらやっぱりうれしいよね。

塩田や北斗君に思い入れがないわけではないけど、東京と言うチームに育ててもらった恩返しをしっかりとしたいなという思いがひしひしと感じられるのがうれしいよね。

最近は徳島なんかでも苦戦しながらも勝ちきるサッカーを出来るようになったことを考えれば、前に書いたように、結局は1戦1戦勝ち抜くために必要なのは

・2手3手先を考えた戦術
・疲労度
・昇格と言うプレッシャー

位か。。。

| よっし〜の独り言 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝てない理由(栃木戦)

久しぶりの更新恥ずかしい限りです

休止するつもりもなかったのですが

代表戦やJ1の試合に重なっていたり、仕事が忙しかったり、奥さんが仕事をしていたり、奥さんがいらいらしていたりといろいろとあり更新出来ていなかったのが事実です。

まぁ…今日が熊谷まで行ってきたのですが、テレビで観たアウェー栃木戦と単純比較をするのはなんですが、その時よりもチャンスは少なかったような気がします。逆にピンチも少なかったような気がしますけど…

セザーが離脱し、今ちゃんがいなかったり、イエロー累積が出始めたりとこの3試合は所謂連勝街道を突っ走っていた頃の東京のメンバーが組めていなかったりするのですが、それがここ3試合勝っていない一因だと思うのですが、逆にそのメンバーに頼りすぎていたのも原因だと思います。

注釈:ベストメンバー 塩田・徳永・今野・森重・中村・高橋・梶山・谷澤・田邊・羽生・セザー

つまり…もしかしたらベストメンバーを組んでいたら勝てていないというエクスキューズみたいなものが心のどこかにあると思うが、実際そのメンバーと大きな差があるように思えないし、仮に勝っていたとしても、いずれはこのような壁にぶつかっていたような気もするのです。

連勝街道の終盤目に見えて先発メンバーは誰かが疲れていたし、それでも何とか勝利をつかんでいたと言うのが正しい答えのような気がします。

今…今ちゃんの「首位は明け渡さない」と言う言葉を守っているような感じですが、上位が一緒に転んでいるのでいるので首位を明け渡していない。逆に言うなら、中位との差は確実に詰まってきている。

その混戦の中を抜け出すのは、選手が言っているように精度を高めることも大事なのかもしれないが、今のベストメンバーを上回る後1・2ピースが必要なのかもしれない

去年の柏のこの時期の北嶋がそうであったように

| 2011年観戦記 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
振り出しに戻ってはいけないが…(北九州戦)

まぁ…去年1勝しかしていない北九州が今5位にいるということが戦国J2を表しているわけで…

東京は北九州と言う土地に慣れていなかったのとキックオフの日時により、まだ日差しがあったのが原因とは考えづらい。

単純に言えば梶山のPK失敗と、ラッキーシュートによる1点の失点でばたついてしまったと言うところが本音であろうか?

毎回同じメンバーであるがゆえの繁樹が足りなかったのかな。にしても失点後のバタバタ感と言うか得点のにおいがまったく消えてしまった感じがしたのには驚いてしまったのだが

まぁ、そういう面も含めて次にしっかりとリカバリーが出来るかどうか。幸か不幸か栃木とジェフが引き分けてくれたおかげで2位キープ。次の岐阜戦に全力を…

| 2011年テレビで見た感想 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
熊本戦

正直に言えば

・首位にたったタイミング
・相手は失点リーグ2位
・しかも熊本的に昇格を目指すためには勝ち点はほしい

その他もろもろも含めてこのタイミングで熊本とあたるのは正直嫌だった。加えて城福さんが解説をやっていたり…そういうのもすべて含めて5−0で勝ったと言う結果がすばらしい

相手が10人だった?10人のチームに負けたり勝ちきれなかった試合は何回も見たことがある。
2点目は審判のミスジャッジにも助けられた?でもそれを生かすことが出来なかった。
PKが二つもあった?そもそもPK獲得したことが少なかったはず。
そして…ルーカスに点を決めてほしいと言う場面でしっかりと決めてくれた。

熊本にとっては根占(この試合で150試合出場だったらしいのだが)の退場と2点目のオフサイドのミスジャッジで集中が切れてしまった感じがするし、急増3−4−2とも思えるフォーメーションも失敗した。

だけど勝つためのギャンブルだったと言うことを考えれば5点取られてしまったことを悲観してしまう必要はないとは思う。

むしろ1点も取ることが出来ないことのほうが問題だとは思う。

東京のセンターバックは自称180センチの森重と170センチ台の今野。熊本は190センチの選手。でもしっかりとケアをしていたと思う。

アウェーでの熊本の試合も含めて思うのだが、単純に選手を狙った放り込みには東京は結構強かったりする。危ない場面はフリースペースに走らせての攻撃には怖さがあったりするとは思うのだが…

そして攻撃の面では単純に厚みを増しているだけではなく攻撃への組み立ての経緯に複数の選択肢が常にあるような感じになっていると思う。逆にまだ熊本はそこまでにはなっていない感じがするのかな2人長身の選手がいても2人ともに脅威を与えている状態にはなっていないかなと

まぁ…実は熊本戦が終わった後で実はJFLから熊本を応援していた私の大切な知り合いに会えたりして「もう東京と戦うことはないとは思いますが」と言う風に謙遜はしていたが、それでもまだ半分試合の中で成長をしていたら面白い存在にはなるかなとは思う。欠点がわかっているからこそなおのこと…

今は東京・ジェフ・徳島・栃木でその下が少し空いた感じになってしまったが、かといってこの4チーム以外にチャンスがないとも思えない。せいぜいこの4チームから2チームくらいは昇格するのかなと言う感じだとは思うが…

で、そんな東京は首位を守っている立場になっているが、その上で、石川も権田も達也もルーカスですらまだ温存している状態で戦っている。ただ…11名のスタメンの固定とルーカスと言うスーパーサブが生きていくうちはいいのかもしれないが、大熊さんの昔を考えるとその状態で少しでも欠けたら歯車が想像以上に大きく狂うことがある。そういう意味で2手3手先の考えが複数持っていればいいと思うし、負けたらではなくまける前にその手を打ち続けてほしいとは思うのだが

| 2011年観戦記 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ