よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
遅れながらの謹賀新年

もう4日ですけど改めてあけましておめでとうございます。

今年は新年早々いいことがありました。そういう意味で1年間の疲れをしっかりととって新シーズンに臨んでほしいとは思います。

で、その日は残念ながら国立にはいなくて家族サービスしていました。もちろんテレビでは見ていましたけど…

1年の年初めは国立に行って、いつか東京がこの舞台に立ってほしいなぁと思いながら独身時代を過ごしていたのですが、まぁいざピッチにたって優勝した姿を国立で観る事は出来なかったけど、それなりに満足はしています。

東京は、一年間の蓄積を結果として出せたと思う。日本代表に入るポテンシャルがある選手が多いといわれていたが、結局は今野以外は大きな評価がある選手はいなかった。森重だけを見たとしても1年間で大きな自覚が出ていることは感じられている。戦術的な熟成+個人能力の成長が果たした結果なのかと…

一方の京都に対しては、成長はしていたけど、1失点しても負ける気がしなかったのも事実なのかな。俺達の国立がそうさせてくれたのか、1年間の成長の結果なのか相性なのかは置いておいて…

とりあえずはナビスコカップの優勝も感動できたけど、天皇杯の優勝は元旦に行うことはどうなのよ?と言う話もあるみたいだけど、まぁ優勝したことを考えればいいのかなとも思ってしまった。

とりあえず…天皇杯が昔から足繁く通っていた場所ならば、獲得したACLの出場権は私にとってはテレビでしか見ていないもの。そういう意味で、今年はACLでアジアの戦いが楽しみなのかなと思う

とりあえず監督と選手の話は次にでも…

| よっし〜の独り言 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(257) |
年末の挨拶?

とりあえず、気がついたら3ヶ月あまり生きています。

体調を大きくくずしてしまい、病院の看護師にも顔を覚えられてしまうくらいボロボロではあったんですけど

ま、そんな話は置いておいて2011年いろいろとありました。一つ前のエントリにも書いていたんですけど、まぁ私の環境も変わってしまったんですが…まぁそんな感じです。

J2に降格してから1年で昇格と言うことに関してはいろいろとあるのかもしれないけど、まぁその辺はオフシーズンにつぶやけばいいなぁなんて思ったり。

まぁ、今年は最後の最後に浦和に久しぶりに勝ち、決勝に進出することが出来、ジンクスみたいなものを少しずつ破っているような気がする。

とりあえずは2011年度版東京の最後と多分人生で最後になるであろう大熊監督の監督としての采配を勝利で飾ってほしいなと思います。

その試合には行けないのですが、テレビの前でとりあえずは応援しています。

ま、そんな感じ

| よっし〜の独り言 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝てるようになった理由?

恥ずかしながら1ヶ月くらいの更新です

決して月次更新ではないです…

で、前回勝てない理由を書いたんだけど、それ以後上昇気流で勝ち進んでいたりします。

結局あの頃からの違いって何なのさって思ったりはするんですけど…思うに結局は逆に変わりに出てきた選手が結果を出すことが出来たこと。

そして、その選手のすべてとは言わないがポジションを奪い取ったことが相乗効果になっているのかなって思います。

それが椋原と権田だったらやっぱりうれしいよね。

塩田や北斗君に思い入れがないわけではないけど、東京と言うチームに育ててもらった恩返しをしっかりとしたいなという思いがひしひしと感じられるのがうれしいよね。

最近は徳島なんかでも苦戦しながらも勝ちきるサッカーを出来るようになったことを考えれば、前に書いたように、結局は1戦1戦勝ち抜くために必要なのは

・2手3手先を考えた戦術
・疲労度
・昇格と言うプレッシャー

位か。。。

| よっし〜の独り言 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週末のことをない頭なりに考えてみる

南米選手権の辞退よりも、サッカーマガジンとサッカーダイジェストに草津戦のことがほとんど載っていなかったことよりも。重要なのは高松の戦線離脱。全治3ヶ月と言うことは夏の終わりまで平山も高松もなしの状態で戦わなければならないのか…

とりあえずメンバーをまじめに考えてみる。

GK 権田

DF 徳永(椋原)、森重、ジェイドノース(今野)、阿部(徳永)

ボランチ 今野(上里)、梶山

OMF 羽生、谷澤

FW 鈴木達也 ロベルトセザー

いまさらながらだが、去年大御所murataさんが言っていたように、コンバートでないのならば徳永のボランチはやめるべきだと思う。彼がボランチで骨を埋める覚悟と言うくらいの意気込みならともかく、各ディフェンスのカバーリング能力は認めるが、それでもサイドをドリブルで駆け上がる姿がないことを考えればやっぱり彼の居場所はサイドバックなんだと思う。

そしてディフェンスラインはやっぱり修正が必要である、その理由は2つあって。

センターバックの2人はJ2屈指どころかJ1でも個人の能力は十分に通用できるレベルにあるから縦へのボールやクロスボールは2人ではなく阿部と椋原の両サイドを狙ってきている。もちろん2人同時に起用するのは理想かもしれないのだが、右でも左でも徳永がやるべきだとは思う。少なくてもFWの得点能力があるチームに対しては

そして、そのセンターバックの2人。気のせいかもしれないが、ボランチやサイドバックの選手が競り合った時に負けることを想定していない動きをしているような気がする。

もっと言うなら、反応が少しくらい遅くても、2人の個人能力は高いからだいたいの相手には何とかなるのかもしれないが草津戦のように相手にワンタッチでシンプルにまわされるとあまりにももろかった。

それは2人が単純にボランチ出身のセンターバックなのか?特性なのか?厳しい言い方をすれば悩みすぎなのか?なめているのか?

そういう意味で4バックのうちの一人は変えてもいいかなって思う。せっかくオーストラリア代表のDFを獲得しているわけだし…(まだ見ていないから危険すぎるのかもしれないのだが)

その上で、梶山はボランチに戻して、羽生を前線に生かしながら4−4−2と4−2−3−1を流動的に鈴木達也と連携しなければいけないのかなともっと言うならロベルトセザーと心中と言うわけには行かないが、ロベルトセザーを生かしながら前線の4人がバランスを取れれば…

後は、正直ポストプレーヤーがいない状態で大熊監督がどうするか見ものであるのだが…

その上で、一つだけ、エルゴラなんかだと、選手の監督に対する批判と言うか疑問と言うかが感じられたりするようなコメントがある。正直…北京五輪の反町さんの末期状態に近いものがある。そして…大熊さんの2001年の末期に近いものもある。

こういうのって社会人でもそうなんだけど、上司にはむかうって難しいよね。でもね…マスコミの言っていることがすべて正しいとは思わないけど、マスコミ経由で聞こえてくるのが一番崩壊するパターンだと思うよ。

今週小平で言い合うだけ言い合えば良いけど、今週末の湘南戦の時には一つになってなければ、何も出来なくなると思う。

そう、すべては勝つために必要なことだから

| よっし〜の独り言 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(7) |
大熊内閣

ザッケローニは一人ではなく、関塚さん以外はほぼ身内で固めている。サッカーは選手と監督だけでやるわけではない。少なくても、ヘッドコーチの役割は非常に重要であると思う。

今更ながら、去年の不振の原因は、城福さん、大熊さんだけではなく、奥原さん(流れ上こう書いたが、オクの方が呼びやすい)、長澤さんにも原因があると思う。オクや長澤さんの人柄や与える影響。そして東京に愛する愛着を認めながらも、、、ヘッドコーチとしての能力には疑問があった。言い換えれば、場合によっては監督に意見を言わなければいけないとは思う。

そういう意味で東京は倉又さんを上回るヘッドコーチを手に入れていない。

今年、それに挑戦するのは長島さん(もしかしたら引き続き長澤さんなのかもしれないが)。去年の山形ヘッドコーチであり、U-18の元監督、、、しかし、、、去年のユースのサッカーを一回も観に行っていない身としてはあまり偉そうなことは言えないのかもしれないが、、、いまでも、吉本、権田、森村(北九州)がいた代のチームが一番強く、一番才能を持っていたし、だからこそその周りの選手の個々の能力が覚醒したのかなと

だからこそ、彼らが中学時代無敵だったにも関わらず、タイトルに恵まれなかったのは、今のコーチである長島さんにも原因があると思っている。

理由はいろいろとあるんだけどね。

実社会でもそうだが、すべてイエスマンの状態で固めたチームは一枚岩になれるが、その一方で躓いた時に立て直す方法に関しては監督だけの最良になってしまう。

時として、周りの助言を含めたヒントから不振を脱出する時はあるとは思う。そういう意味で決めているのは監督だけなのかコーチの意見も取り入れているのか?

もっと言うのであれば、今の内閣は大熊さんが選んだ人選なのか?そうだとすればすべて大熊さんが選んだ人選なのか?

そういうのも含めて…今年は長島さんのコーチとしての能力が重要だと思っている。

大熊さんの東京からいなくなってから、長島さんが東京U−18からいなくなってから…もしあまり変わっていないのならば

正直つらい未来が待っているかもとたとえJ1に復活したとしても

| よっし〜の独り言 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
富山戦を前に

どうやら情報を総合する限りレンタル移籍中の平出は出場しないようですね。

個人的には味スタに凱旋と言うのは見たかった気がしますけど、一方で去年の赤嶺の例もあるわけだから、J1昇格のために勝ち点を確実に積み上げる必要のための不安要素は消しておくという現実を見据えたことに関しては評価できるのかもしれないなんて思ったり

1勝2分け1敗という成績をどう捉えるかは置いておいてボランチとFWに大きな欠陥を抱えていて爆発力がない今の東京だが、去年の柏。一昨年のセレッソ。その前の広島の戦績を見たとしても、それほどまで悲観することはないかなとポジティブに考えてみる。

得点力不足は深刻だが、守備は安定しており、大敗したジェフに関しては驕りみたいなものはあったのかもしれないのかなと思ったりする。ただ…それでも大熊さんが結果を出していない以上はいろいろな面で揺らいでいるんじゃないのかなと思ったりはする。去年の深刻なときの城福さんでも昔の良いイメージがあったからこそ非難はなかったものの、城福さんを引き継いだ後の大熊さんで結果はまだ出ていないからこそ揺らぐことはあるのかもしれない。

だからこそ…批判はあるのかもしれないが、それは権田と塩田がアップが入ってくるまでであり、それから先は勝利に向けてポジティブに考えていく必要がこんな時だからあるんじゃないかなって思ったりする。

ブーイングをする人だって最初からブーイングをするためだけにスタジアムに足を運んでいるわけじゃないと思うからさ…

それは選手も同じであって、もしかしたら大熊さんの采配に疑問を感じて揺らいでいるかもしれないし、自分の持ち味が出せてないかもしれない。だとしても与えられた環境の中でいかに自分の最善を尽くすかどうかと言うのが重要なのかなって思います。

ないとは思うけど、監督を解任するために手を抜くようなことがあるんだったら、それは許されないこと。そんなものは見たくはない。

ま、ゴールデンウィーク3連戦の最後勝って終わりにしたいですね。味スタの呪縛はまだ完全にはとけていないよ

| よっし〜の独り言 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(6) |
再開日程

再開日程が発表になりましたね

J1とJ2の分散開催とか4月29日から開幕とか、そんな話はあったりしたんですが、結局は4月23日から見たいですね

東京は24日のジェフ戦から。開始時間は16時だったので14時か13時かになるんでしょうかねぇ…

で、結局6試合中止はどこに入るのかな

土日祝日だと8月上旬に1回。11月に祝日が2回(ナビスコの決勝と重なるわけですが)それ以外は平日に開催か?しかも夏場のナイターに関しても節電する場合は19時から果たして行うのか?

まぁこういう場合は16時か17時開催でもしょうがない気もするんだけど、普通にナイターが出来る岐阜以西のチームとの格差を考えると微妙なのかもしれないけど。。。


うーん

まぁ、とりあえずは1ヶ月後にあわせて調整して欲しいですね

でもジェフはいやだな、あのデカ物をどう止めるんだ?

ぼろが出ていないからな。。。

| よっし〜の独り言 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月11日から1週間ほどが経過し・・・

3月11日の地震以降更新が出来なくてすいません。

思うところがあって更新はしていませんでした。

東北地方の方々に関しては一人でも多くの命と早い復旧が出来ることを願っています。

と言っても羽生さんのブログに書いてあるように

『たぶん僕が持ってる言葉では軽すぎてしまうから。』

と言うのが本音であり、上手く書かなければいけないのかなって思ったりもしました。

ツイッターやブログなんかでも関西方面から聞こえてくる言葉の軽さを感じながらも、それは逆に言えば関東方面のコメントなんかを見ても東北地方の今まさに被災を受けている人にしてみれば軽いと思ってしまうのかもしれないのかなって思ったりした。

まぁそれでも書いたのはエルゴラッソの記事を見たからなんですけどね。

とりあえず、出来ることから少しずつやりつつ、普通の生活に戻るための一歩を進めなければいけないのかなって思います

とりあえずは、節電・節約・義援金ってところですかね

まぁ、東北のことを書いて見たりするんですが

★仙台の思い出

仙台は何回か足を運んだ(仙台スタジアムは東京戦だけだけど)、あの雰囲気は独特であると思う。実は1回目のJ1昇格までは関東アウェーに遠征していた仙台の試合はよく行っていた。そういう意味では重たさを感じたりはします。

いつかまた、あの仙台スタジアム(ユアテックスタジアム)の雰囲気が戻ってくることを願います。

そして、とりあえず、そんなことを考えたらこんな仙台サポのエントリに出会ったので張っておきます

★猫島

たまたま、地震の後でバラエティ番組など見る気にはしばらくならなかったので、放置していたのだが、1週間前のシルシルミシルという番組を見たときに宮城県にある猫島(田代島)と呼ばれたところがある。底の風景が映っていた。人口95人の小さな島なんだけど。。。ここも被害を受けているのかなぁって思ったりする。

★Jヴィレッジ

Jリーグを作ったのは、代表チームの強化以上に、サッカー人口を増やすことと、緑の芝生のサッカー場を作ることであると聞く。真偽はおいて追いて。その中で生まれたのは福島県にあるJヴィレッジである。

Jヴィレッジは多分2005年に私の馬鹿な考えに乗ってくれた2人と合計3人で足を運んだ。ユースの夏の全国大会を見に行くために。そのJヴィレッジだって被災を受けているはずである。

もちろん、いろいろな場所でいろいろなダメージを受けているときだからこそ、一歩一歩確実に解決してもとに戻ってくれることを願っています。

もちろん壊れてしまったことは、まったく同じように戻すことは出来ないけど、壊れる前以上に出来る可能性だって秘めているとは思うから。。。

| よっし〜の独り言 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
1999年以来の再開

J2は1999年に札幌、仙台、山形、新潟、大宮、川崎、甲府、大分、、、そして東京と鳥栖の10チームで始まった。

初年度にJ1に昇格し、以来今年まで降格しなかった東京と、唯一昇格を果たしていない鳥栖は実に初年度以降の対戦になる。

そして、、、その1999年もこのカードは開幕戦であるが、、、

みんな、西が丘で岡元のゴールで、、、なんて話をしているが、、、個人的には鳥栖戦と言えば、もう一つの西が丘のカウンターを食らって負けてしまった試合の方がインパクトは強い。

鳥栖を一言でいうならば、強者と勝者が異なるサッカーの醍醐味をみせてくれるチームである。

だからこそ、J2の怖さが出なければ良いのかなって思います。

どんなカウンターよりも、あのカウンターのインパクトは残っている。記憶があまりないJ2ライフの離れない記憶の一端です。

まぁユンジョンファンの監督第一戦目だけど、、、しっかりと勝って一年間のスタートダッシュを決めたいね。

実は書き忘れたポイントが二つあって

一つは監督とコーチの問題。そして背が低いセンターバック2人のコンビなんだけど。。。

相手のFWは2人とも180を超えているみたいだから一つのポイントにはなりそうですね

| よっし〜の独り言 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
明後日開幕前に

さて明後日は開幕と言うわけで久しぶりのJ2なんで思ったことを

★どの相手にも全力を

J1に昇格した初年度はそれこそどこに行っても楽しかった。一緒に昇格したのは川崎でそれ以外はJ1ではじめての相手だと言うこともありどの試合にも緊張感があったような気がする。

ようはJ1で言えば、鹿島や浦和相手と山形相手の時に同じ意識で戦えましたか?と言うこと。心のどこかでなめていた感じがあったとは思う。そういう意味で確かに今年私はいける試合数は激減気味なんですが(家庭の事情により)その1試合1試合に関してはどの試合も大切な試合だと言う認識は持っていたいと思う。

去年の優勝チームの名古屋は優勝が決定するまでは、川崎と鹿島にホーム・アウェー両方とも負けたにも関わらず、下位のチームから取りこぼしなく勝ち星を重ねていった。そういう意味で今年J1の昇格が目標ではないJ2のチームからは確実に勝ち点を重ねる必要があるのかなと

★1点の重要性

今のサッカーは残念ながら1−0と言うようなロースコアの試合が多いのが現実。長く見続けるとであいがしらの1点だと、残りの時間を守りきれるのかななんて思ったりする。そして、きれいなシュートでも泥臭いシュートでもそれこそ、審判のミスジャッジによって得た得点でも1点は1点である。

そういう意味で、いつどこでとってもその1点を取った後で失点を防ぎながら追加点を上げると言うことを考えればいいわけであり、そういう意味でいつ決まってもどのような形で決まっても喜ばしいものではないだろうか?

★得点後の雰囲気

強い時の鹿島や磐田や浦和は。。。ホーム・アウェー問わず、得点したときの爆発的な喜びとその前の一瞬の静寂と言うものがある。東京もまったく経験したことがないわけではないが。。。言いたいのは、得点後の喜びを爆発した瞬間の雰囲気は大切にしたいなって思ったりします。まぁ口で言うのは簡単で実際は難しいのかもしれないけど

| よっし〜の独り言 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ