よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 変えてはいけない変化(清水戦前編) | main | こんな時にはユースの準決勝など >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なぜ大敗したか?(清水戦後編)
今日はサテライトが行われたんですが…空気を読まずに清水戦など

今週末に東京のユースが対戦する名古屋ユースは夏の全国大会で7得点あげて勝利を収めている。

その名古屋は東海プリンスリーグを無敗で、しかもトータル4失点で突破したチームである。

サッカーは時としてそんなことがある。守備に自信があるチームであればあるほど、ちょっとしたきっかけで崩壊する。それが長年積み重ねた実績でなければさらに可能性は高くなる。

もちろん、残念ながら数字以外で名古屋ユースのことを私は知らないのだが

5連勝の功績も、それに対する布石も、間違いなく東京の躍進の最大の要因は守備の安定があげられる。

戦術に佐原がフィットしたことに加え、茂庭が復活の兆しをみせはじめたし、塩田も自覚が出来つつあった。

しかし、城福監督が現在の東京の現在地を『優勝争いする権利を得ただけ』にすぎないのと同様に、徳永と長友を加えたそのディフェンスラインは、J屈指の守備力をもつ可能性はあるものの、可能性があるだけである。

自信が慢心に変わった時、そしてその時に『こんなはずでは、、、』と思った時。時としてこんなことがおきる。

1失点目はあのミドルは事故みたいなものである。

徳永がもう少し寄せていたら、、、と書いていたのを他のサイトでみたのだが、それは酷な話である。引いてみれば、クロスやシュートブロックがあまり得意でない東京の守備は改善する余地はあると思うが。

2失点目はセットプレーから、、、塩田と今野が交錯して混乱に乗じて得た失点。もちろんコミュニケーション不足かもしれないし、塩田は飛び出すいじょうはボールをクリアしてほしいとは思うが、こんな事故もあるであろう。

個人的には2失点は『不運が重なった事故』だと思っている。もちろん同じ失敗は繰り返してほしくはないが、これが同時に起きなければ傷は深くはなかった。

ただ、2失点したことにより『こんなはずでは、、、』という思いが3失点目を生んでしまった気がしてならない。

ちなみに、この3失点目がなかった場合、エメルソンと大竹を後半はじめから投入したかを大変気になるところだが

後半の2失点は攻めにでていた結果だからしょうがない。

ただ、後半15分で1点あげて、いけると思ったもののちょうど3分の2になった後半30分に勢いが落ちはじめたこと、平山投入に効果がなかったこともあるのだが、その面も含めて

少なくても、上位争いに食い込みたいのならば、J屈指のディフェンスラインになりたいのならば

2失点とられた後に、『とにかく、早く前半おわってくれ』というピッチ上の雰囲気だけは改善しなければいけない。

少なくても3万人を超えた観客の期待を裏切ってしまったのは否めない

3万超えると負け
2万後半だと引き分け
2万前半以下だと勝ちというイメージがあるのだが

まぁ2週間長友と今野がいない状態でどう建て直すか?

アウェー大分はメンタリティが鍵を握ることは想像できるだけに
| 2008年観戦記 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |
>2失点とられた後に、『とにかく、早く前半おわってくれ』というピッチ上の雰囲気だけは改善しなければいけない。

この辺がチームとしてもう一つ脱皮するための鍵なのかなぁ、と感じました。
| fct fan | 2008/10/10 9:42 PM |

>fct fanさま

>>この辺がチームとしてもう一つ脱皮するための鍵なのかなぁ、と感じました。

だと思います。その数分の無駄が最後に響いたのかと
| よっし〜 | 2008/10/15 11:35 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/988
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ