よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< DF陣と塩田の覚醒(クラシコ前編) | main | 地に落ちたサックスブルー(磐田戦前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セオリー無視の結末(クラシコ後編)
勝利を求めるのに理由はいらない

だったっけ?いかにも川崎が考えるようなフレーズだなと思いながら。

東京は時間限定で、大宮戦以降練習に参加できないカボレを使うことを決断した。

前節不調だったといわれるエメルソンを使った。絶好調の石川や得点という結果を出した大竹は再びベンチからのスタートであった。

試合終了後のインタビューで城福監督がエメルソンを起用した意図を聞かれていたが、前回の試合だけではなく、この1週間そして川崎との戦いのトータルで考えた結果なのであろう。

そして、試合展開的には赤嶺の負傷退場。そして今野の退場処分。結果的には石川も大竹も使う機会がなかった。

しかし、途中で去った今野も含め、ピッチにたったすべての選手、、、いやピッチに立つこともできない選手も含めてすべての選手が戦っていた。

石川や大竹は今日の試合にでることはかなわなかったが、次に出場できる機会を伺いながらつめを磨いでいると信じている。

一方の川崎は一人少ない相手に、いつものような戦い方をした。

3枚の交替カードでFWの層を厚くすることも、井川、伊藤のセンターバックをあがらせることもなかった。

高畠監督はいつもと同じ戦い方を強調していたが、その裏付けは川崎にはある。

リーグ屈指の攻撃力とどこからでも得点ができるバリエーションはそれを必要としなかったのかもしれない。

しかし、勝敗のあやはまちがいなくそこにあると思う。

11人が勝利のために必死のために守り切ろうとするのと10人で守り切ろうとするのと数字のうえでは前者の方が可能性が高いと思うが、そんなに簡単には行かない。

11人だともしかしたらありえない結末がうまれていた。それは浅利の泣かせるようなコメントがチーム全体に浸透していたのかもしれない。もちろん、その背景には前編で書いたようにディフェンスラインの安定がなによりある。

川崎から東京に籍を移し、新たな活路を見いだし、確固たる地位を築いた佐原。

正キーパーとしてなにより競争としての成長ではなく、自覚から絶対的な守護神として君臨しはじめた塩田。

そして、今年の序盤まで辛酸を舐め続けながら、復活の兆しを見せはじめた茂庭。

この3人の成長による安定があるからできたのだが

話がそれたが、

その東京相手にまちがいなくこの試合で勝つためには何らかのスイッチが必要なのは明白。

だが、そのスイッチはまだ、開発中と言ったところか、、、

小杉十字路によれば、10人の相手に戦うのには川崎は得意ではないらしい。

それはたんなる偶然だが

多摩川クラシコは打ち合いというイメージがあるのだが、以外にも西ヶ丘での試合はスコアレスドローである。

こういう戦いもまたクラシコの1ページになってほしい。

個人的には、感動はひとしおだが、このダメージもでかいのも事実。

10人で守ることを選択したあとも、川崎に気を付けなければ失点されるという恐怖がなければ、今回のような疲労度が満ちた戦いになってしまう。

このダメージはもう明日に迫った磐田戦の結果の言い訳にはしたくない。

何よりも、全選手の総力戦で良い結果を

追伸1:ジャッジについては見返してみたが、あの場面だけでは見方によっては警告は有りかもしれないが退場はきつすぎるかもしれない。正直かなりあれた展開になったが、その中で副審は冷静なジャッジをしていたと思う。

追伸2:今日の影の立役者は平山だと思う。カボレがいるときはカボレの分まで守備をして、前線の機転にもなっていたとおもう。

おまけ:浅利が後半にミドルを放った場面。個人的にはあそこで決まっていたら伝説になっていたと思うが、まぁ浅利だからねぇ
| 2008年観戦記 | 23:01 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |
 あそこで浅利が決めたら、死者が出ます。危険です。せめて、(誰が蹴っても決まらない)PK蹴らせるぐらいにしておいてください。でも、それだと決めても外しても死者が出ますね。
| Mendoza | 2008/09/22 11:10 PM |

こんにちは。
>次に出場できる機会を伺いながらつめを磨いでいる
3人の交代枠を使い切った後に、メインスタンドの下で、黙々とランニングを続ける石川選手の姿が印象的でした。
| ギン | 2008/09/23 10:30 AM |

>Mendoza殿

ご無沙汰しておりますm(__)m
2階最前列で観ていた身としては、間違いなく下に落ちそうになるでしょうねぇ

>ギンさま

はじめまして?ですか

>>黙々とランニングを続ける石川選手の姿が印象的でした。

確かに…それが結果にならなかったのが石川だったりしたんですが、だから結果が出て本当に良かったと思います
| よっし〜 | 2008/09/24 11:28 PM |

ギンと書きましたが、「東京 野伏な生活」の中のestertokyoです。今年のシーズン前の会で、伊野波のことで…(汗)奥さまのブログで、“あーたん”といつも遊ばせていただいてもおりました。ですので、はじめましてではありません。大変、失礼いたしました。
| ギン | 2008/09/26 12:47 AM |

>ギンさま

多分そうだろうなぁって思いながらも
確認させていただきましたm(__)m
奥さんのブログのあーたんは
確かもういなくなったような(涙)
| よっし〜 | 2008/10/01 11:23 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/983
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ