よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< スタジアムの風景(浦和戦番外編) | main | 10.いやな目編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大分というチームを考える(大分戦後編)
3バックでありながら、ブラジルみたいな戦い方をする。

リーグ最小失点ではあるが、守備は堅いイメージはない。むしろ90分間のゲームコントロールに長けていて、90分の試合を実質60分位の試合にしてしまう。

つまり

『我々は引き分けでもかまわないよ』というオーラを出しながら、チャンスとみるや攻撃に転じる。

一方の東京は90分間勝ちたいオーラを出しながら戦っている。

前半をみていない以上はそれ以上は言えないのだが、そんな雰囲気のなかで勝ち急がずにどう主導権を握っていくかが今後の課題か

そして、もうひとつ梶山は相手のボランチが外国人の時に弱いような気がする。

ホベルト、エジミウソン、横浜のロペスもそう、、、気のせいだといいのだが

選手評価は省略ということで
| 2008年選手名鑑 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/956
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ