よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 安全なスタジアムを考える2 | main | 代表には夢がない?? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
9.fct fan編
インデックスはこちら

fct fan

サイト開設:2005年5月
更新間隔:週に3〜5回
東京記載率:55パーセント
サッカー記載率:35パーセント
その他記載率:10パーセント
知ったきっかけ:勝っても負けても東京!東京!の勝鬨橋殿が大絶賛していたのを機にみはじめたサイト。質量ともに充実しており、活発に動き回っていることがわかるサイト。ちなみに先日縁がありゴール裏で隣で一緒に見させてもらったのだが、私同様にこれでしっかりした観戦記がかけるんだ、、、という観戦スタイルであった

解説:東京のサイトもちは多々いるが、たぶん現在ブロガーの中で、活動範囲がおそらく一番広く、観戦記の数も東京以外のも含めて多岐に渡る。たまに身体をはってネタをやっているんじゃないか?って本気で疑いたくなる行動パターンを発揮する。去年の宮古島はともかく、スイス戦を見に行き、挙げ句の果てには今年のキャンプでグァムまで行くし、松本は空港利用したいからと羽田→大阪経由で行こうとするし、、、

で、ブログはオーソドックスなスタイルと思っている。ほぼすべての試合を観ているため、1年間の流れの中で観戦記が書かれているし、問題点は指摘をして、また同じ傾向が発生したらしっかりと指摘する。

また、最近こういうサイトは少なくなっているのだが、相手チームを物凄くリスペクトする文章を書いている。相手の良さ、悪さもしっかりと記載している時がある。

それは、東京以外の観戦記を書くことにより、東京支援者の視点とサッカー好きの2つの視点を持っているからである。だから、東京以外の試合をみたときに、東京支援者の視点が垣間見れればよりおもしろいと思っている。(余計なお世話ですね)

まぁ、中途半端なライターさんの文章よりは格段にためになる文章を書いてくれるのは確かである。

あと、ブログは単純に文章を書くツール以外にもいろいろと機能をもっているのだが、そのへんも良く使っている。

ちなみにFCTとはもちろん東京のことなのだが、FCTでぐぐると一番最初に『福島中央テレビ』がでてくるのはご愛敬か。

★中心コンテンツ

観戦記(東京):観戦記はその日1日の日記になっている。解説にも書いたのだが、良くまとまっついる。(重複するので割愛するが)

観戦記(東京以外):今は他のチームのことを代表も含めて書いている人が少しであるため、価値がある。まぁこれも解説にも書いたので割愛

東京イベント報告:東京のネタになっているものは、よく情報をキャッチして、報告されている。時に選手に対する感情がでていているのが良い

よく書くネタの傾向:<span style="font-size:large;">東京やサッカーあるところ管理人ありと言った感じがある。ときどき良い意味で常識の範囲を突き破ってくれるのだが

★代表作:ここがきまらなくて、2週間かかってしまったのだが、今野のこのネタ加地がいなくなったときの心情を表したこの文章。あとは今年の名古屋戦の文章が印象に残っています。
| よっし〜的ブログ紹介 | 22:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
今さらながらコメントさせて頂きます
このブログ紹介面白いですねー。10回で終わってるのが残念。オフシーズンに他のブログも分析と紹介して下さいねー
| 通りすがり | 2009/01/13 11:48 PM |

コメントありがとうございます

いまさらながら返信するためにコメントがないのかもしれませんが(汗)

とりあえずつまらない選手名鑑の後で再開する事を考えております

そうでないとアップしていただいた管理人殿にも申し訳がないので

もう少しお待ちください

| よっし〜 | 2009/01/30 11:22 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/940
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ