よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 先発とスーパーサブと…(清水戦) | main | 大分戦プレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3年生の自覚(ユース ヴェルディ戦)
昨日は、深川に行ってきました。確かに小平よりもみづらいかもしれないんだけど、個人的にはまったりできて好きです。
で、試合結果はヴェルディに勝ちましたが、、、全体的には押されていたなぁって感想です。一言で言うのならば

審判があまりにもくそすぎてひどかった(苦笑)

ではなく、、、

絶対的なストライカーとボールをキープできるいわゆる『ためができる』ボランチが欲しいって思ったかな。

その中で高校1年の広木君が光るものをみせてくれた。ように思える。彼の適性ポジションがどこかは気になるのだが(サイドバックをやっていたが、ボランチができるんじゃないかな、、、)後ろから正確なフィードができるのは良いことだと思う。

それ以上に感心したのは藤原と山浦にキャプテンシーが芽生えていたこと。

個人的には、去年は自分のプレーだけに集中していてまわりにたいして『声のフォロー』はできていない感じがあった。

この試合主将の畑尾以上に彼ら二人の声が際立っていた。

正直どんなにひいき目にみても現時点では、過去私が見はじめていてから、一番小粒感が否めない。だけど、去年の大竹の世代がそうであったように、高校生はここからぐんと伸びる場合がある。

そういう意味ではキーパー井上同様に今後もみてみたい感じがした

暇ないんだけど(汗)
| ユースねた | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/908
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ