よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 私事で恐縮ですが(新潟戦) | main | 3位というのがノルマだったなら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
後だしじゃんけんにはなりたくないので(ACL 浦和レッズに向けて)
多分、こんな台詞を浦和に吐くのは最後かもしれない。

だけど、個人的な複雑な思いは吹っ飛んだので、書きたい。

もう、明日になってしまったアジアチャンピオンズリーグの決勝浦和には是非勝利を勝ち取って欲しい。

でも、ここまできたら、このチームの限界点というものを見せて欲しいと本気で思ってきた。

浦和が初めてタイトルを取れるチャンスをつかんだナビスコ決勝の鹿島戦は正直鹿島を応援した。浦和に勝って欲しくはなかった。今度は外国が相手とかそういうわけではなく、、、

川崎戦のターンオーバーが起きた時。私は川渕氏と犬飼氏を批判した。批判の是非はともかくとして、選手ありきでコンディションも考えない古典的な考えを批判した。

そして…浦和もどうせ同じことをやるであろうと思ってきた。

特にオーストリー遠征後の鈴木啓太のコメントを聞いて、オーストリーから広島への移動に『殺す気ですか?』発言をした時に

でも川崎戦のメンバーは変わらないどころか、トゥーリオを入れてきた。このチームのモチベーションはアジアチャンピオンズリーグの決勝ではなく目の前の川崎戦。つまり1戦必勝であると思う。

東京の唯一タイトルのナビスコカップの決勝の対戦相手は浦和。そして、その浦和と東京のあの時の勝敗の差は初優勝を狙う東京と2度目の優勝を目指すちょっとした慢心のあった浦和の差だと今でも思っている。

もしかしたら、このチームほど勝利に餓え、敗北を糧として戦っているチームはないのではないだろうか?と思う。

もちろん、このサッカーをするためには選手の能力+スタッフの能力+戦う環境の3つが重なっているとは思うのだが

この世の中はいわば『勝てば官軍』的な感覚があったりする。もし、負けたりしたら、ターンオーバーを使ったら…的な話になるかもしれない。だからこそ勝って欲しい。そして、浦和の力と東京の力の差を現実的に見つめなおすことが一番重要なのかもしれない。

しかも、それを実現するのは、トゥーリオ、鈴木啓太、田中達也、長谷部誠と東京の同年代の選手とはつい最近まで評価が大きく変わらない(いや、変わらなかった)選手である。

確かに浦和のサッカーは勝ちにこだわったサッカーのような気がして、正直面白くは無い。だけどねぇ…
つまり、川崎の柏戦もそうだし、ナビスコカップ決勝直前の広島戦もそう。

メンバーを落としたであろう試合で一番重要なのはモチベーション。川崎vs柏でメンバーは負けてしまったのだがあれが限界だったのであろうか?心のどこかで次のアジアチャンピオンズリーグのセパハン戦に向いていなかったのであろうか?

それが一番重要だとは思う
| 観戦予想2007年 | 22:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - |
全国ネットでTV中継があるねぇ・・・
普段代表戦以外では民放キー局は中継しないから異例なことかもしれないねぇ。
そう考えると今までMXTVさんがFC東京戦をずいぶん中継していただいたのはまことにありがたいことです。

正直浦和レッズは嫌いなんだが、それでも勝ってもらいたいと思っている。
なぜならこれはJリーグや浦和レッズのではなくレッズサポの勝利であるように思えるから。
日本中でオラがチームを応援している多くの名もないサポーター達が固唾を飲んで見守っているだろう。
いつの日にか自分達が応援しているチームをこの場に立たせたいと願うことだろう。

国内のリーグ戦やカップ戦だけじゃなく世界を自分のクラブが目指せるなんてサポーター冥利に尽きると思うんだなぁ・・・

僕はサポーターの後押しでここまでできるというものを浦和レッズには見せてもらいたい。
多くのサッカー観戦者だけではなく日本のみなさんに知ってもらいたい。
サッカーは代表チームだけじゃないことを・・・・

よっし〜さん、FC東京もいつの日にかACLを戦い抜き世界に羽ばたきたいよねぇ・・・
それにはクラブだけじゃなくサポーターの力が必要だと思うんだなぁ・・・・
| 東京坊主 | 2007/11/14 3:10 PM |

少なくとも、小生が生きている間に
一回ぐらいは出て欲しい。>ACL
西班牙の白い巨人やチェルスキーを目指せとは
言いません。
ベンフィカ・リスボアやスパルタク・モスコゥ程度には
育って欲しいというのが願いなり。
| あまらを大作 | 2007/11/14 10:27 PM |

コメント失礼します。東京が好きですし浦和は好きではないですが、しかし、流血するほどぶつかってボールを保持し、互いに喧嘩しあいながら勝ちにこだわるスタイルは東京のサッカーでは出来ないな。たくましいなと思います。J2降格の屈辱を忘れないフロントやサポーターの心意気が感じられ、心が熱くなります。東京には本気度が感じられないのが残念です。でも、このもやもやがいつか報われる日を信じて2008もソシオ更新しちゃうんだろうな。セクシーもいいけど、時に0−0でもホームで負けないことが優勝争いにも、集客にも、主力流出阻止にも繋がっていくと思うのでがんばってほしいです。
| 青赤バイカー | 2007/11/25 12:42 AM |

>青赤バイカー様

コメントありがとうございます。そして東京坊主様あまらを大作様コメントスルーしていてごめんなさい(汗)

原監督のサッカーを語る上で常に勝ちを目指すサッカーというものがあると思います。単純明快なこういっては何ですが。水戸黄門の印籠で解決みたいなサッカーが…

だけど、今後は確かに『時に0−0でもホームで負けないことが優勝争いにも、集客にも、主力流出阻止にも繋がっていく』とは思いますけど、原さんのサッカーになれてしまっている方が多いので果たしてその転換が出来るかは微妙な気がします正直。そういう意味ではフロント以上にサポーターも変わらなければいけないとも思います
| よっし〜 | 2007/11/25 8:54 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/781
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ