よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 雨中のフクアリ(千葉戦) | main | 東京ユースの現在地と大竹の現在地 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勝利を呼んだのは覚醒と勢い?(横浜戦)
ふと、サッカーマガジンを購入していたからスカパーでやっていた解説者の話は知っていた

『横浜は今年先制したときに負けたことが無い』

先制した後の強さは代表レベルのDF陣(キーパー除く)と、攻撃面で考えるとのせると怖いという二つの複合要素がその原因だとは思うのだが…

だけど、試合前に先制されたとしても同点にすることを30分より前に出来れば、チャンスは絶対にあるとも思っていた。

前半は微妙などつきあい。思ったことはリチェーリの守備力の高さ(というより小宮山がまったく対応できていなかった)特にリチェーリの守備に関してはかなり驚いた

前半気になったのは

・山瀬兄弟の能力値の再認識
・小宮山がまったく役になっていなかった
・那須ではなくハユマだったらもっとピンチを産んでいたかもしれない

だからこそ、後半ハユマを入れて小宮山をはずした時はやばいかもって思ったのだが

…その結果として、後半は山瀬の失点を跳ね返す平山の得点と石川の得点

平山の得点に関して言えば、相手が那須であったことを考えれば中沢に比べれば賞賛の要素が減点なのだがとはいえ那須だってDFはかなり高いレベルの選手である。そういう意味で完全に勝っていた事はあの得点だけでなく文句なしに賞賛すべきである。一時期の不安な時期は脱出したと言ってもいいであろう。それは原監督が言っているヘッドの高さではなく、自分のストロングポイントというものを理解したうえで赤嶺の刺激もあると思われる。

そして石川に関しては先発を奪い返すつもりで頑張ったといっていたが両サイド規郎とリチェーリも含めて高いレベルの戦いになってきた。あの場面今までの石川だったら間違いなくホームランで終わってしまったのだが、あの場面で冷静に決められたのは成長の証なのかもしれない。ただ…完全に相手キーパーのミスだけどね。

で、ジェフ戦を終えてここの敗北以上に横浜戦の勝利は重要だと思っていた。だから相手に向かった流れを再び引き戻し、勝利につながったことは高く評価したい。

そして、この勝利はこれからの残り6試合と来年に向けての体制に影響をさせる勝利だったとも思っている。だからこそ『天皇杯獲りたい』というせりふはもう少し後で言って欲しかったんだけどねぇ

追伸:この試合の主審の小川氏はJ1 2回目らしいよ
| 2007年観戦記 | 23:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
この試合も、仕事だったので
行けずじまいでした・・・。orz
なお、この勝利で自動降格の可能性は
無くなった模様。
入れ替え戦はまだ可能性があるので
出来ればあと3勝したいです。
| あまらを大作 | 2007/10/08 10:37 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/765
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ