よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 文丈の引退 | main | スタジアムの雰囲気 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
絶対に負けられない戦い(浦和戦)
徹夜明けのぼろぼろな状態の中で中心地にいたりしました(汗)。浦和人の優勝の試合に立ち会いたいと思う意気込みに関してはただただ頭がさがるばかりで

ちなみにU席はかなりアウェー側に流れたものの、浦和の支援者はアウェー側に押し込んだので大変なことになったらしい。

で、文丈の引退だけでかなりの爆弾なのに塩田のリーグ戦初起用という賭けに出たのはさすがに驚いた。塩田が代わりに出てくるのならば、浦和戦ではないだろうと思ったから。それは塩田は技術の高さと同様に精神的なもろさがある。浦和相手でも0点に押さえる能力がある反面逆に5点くらい簡単に取られたりする可能性だってあるとは思っていた。しかも相手の優勝がかかっていた戦いであったためにもし後者になったりした日には塩田仁史という1人のキーパー人生を大きく影響を与えてしまうとも思ったりはした。

で、2年前に『浦和相手だと東京は守備的なサッカーをするのでつまらない』と揶揄されたのがうそのように、どんなに贔屓目に見ても優位に立っていたのは東京であったと思う。

塩田を中心として絶対に失点しないという意気込みが感じられた守備陣。そしてユータと梶山が攻守にあんなに動き回ったのを初めて見たぞ?確かにトゥーリオ以外には攻撃の厚みがいつもより無かったと言うのを差し引いたとしても良くがんばっていたと思う。

で、逆に東京の攻撃は良かったと思うのだが後一歩足りなかったとは思う。平山と宮沢を投入するにはリスクがあったからしょうがないと思うのだが、もう少し両サイドの攻撃のときのフォローとクロスの精度が高ければとは思う。

それと終盤の枠内シュートをことごとく防いだ相手キーパー山岸の好プレ−があったのでむしろ相手をたたえたいと思っているのだが…日本代表に選ばれただけではなくチームに都築と言う同レベルの選手と切磋琢磨しているからであるかもしれない。

今日は塩田が良かったとは思うのだが、逆にまだ土肥が挽回できる機会もあるとは思うから次の試合から2人でいい意味で高いレベルの戦いをしてほしいと思う

逆に8月の戦いで賞賛した平川が山田がトップ下に変わってしまったために出場機会に恵まれて腐ってしまった感じがしてならない。浦議なんかを見ていてまさかと思ったりはしたのだが。

思えば、今年の8月に埼玉スタジアムでガーロの解任を決定づけた試合から3ヶ月あまり。いろいろとあったが、浦和相手に勝てるかもと言う戦いができたのは大きな収穫。と言うよりこの試合が毎試合できていれば間違いなく降格候補3チームのすぐ上の15位なんてことは無いとは思うんだけどねぇ

おまけ:相手監督のブッフバルトのコメントを聞く限り今日はやっぱり優勝を決めたかった反面。負けないことを前提として戦っていたと言うのがありありであった。ただ今年ホームで負けてないし、3点差以上で負けていない浦和がもしかしたらもしかするかもしれないと言うひそかな期待をしているのだがw
| 観戦記 | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |
>管理人殿
下4行の文と似たような事を小生も考えていました。
昨年も似たような経験をしているガンバと
苦戦した経験がここ2年ほど無い赤組の差が
最終戦の結果に影響するという気がします。
もちろん、実際にやってみないとどうなるかは
わかりませんが・・・。

後は全日本選手権が残っていますけど
岡山と熊本には行けません。
けど、U-18が間違って決勝に進んだら
迷わず神戸に行きますw
| あまらを大作 | 2006/11/27 2:04 AM |

もし負けて優勝でも笑いもの。逆転されたら史上最強の笑いものも、なんかやってくれそうな雰囲気があります。

決勝は行きたいけど、24日・・・
| よっし〜 | 2006/11/27 10:52 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/589
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ