よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< ACLの雰囲気と森重の変化(蔚山戦前編) | main | 1-0の勝利(多摩川クラシコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神戸戦

神戸戦は速攻に弱い東京と、去年一番シュートまでの時間が一番早い神戸の戦いとなったが、結局は東京が勝ち点を積み上げることができた。

とは言え、全体的に神戸は良いサッカーをしたと言い、東京は自分たちのサッカーが出来なかったと言われている。果たしてそうだろうか?

もちろん、ポゼッション率は神戸の方が良かったし、神戸の方が自分達のサッカーをしていた。しかし、カウンターで前線に渡ったときに、数的優位は出ていなかったそれは、東京の中盤やサイドの押し上げがある一方で、神戸の後ろの選手の押し上げはなかった。後は、コーナーキックの数も異様に多かったが、チャンスを生かすことは出来なかった。

神戸は後半に北本が下がってしまったから、そして、ツートップが大久保と吉田だから、野沢と言うキッカーがいたが中の高さがなかったために、生かせなかった。

なんか、そんなチーム昔なかったっけw

今日の最終ラインとボランチは一歩目の早さと直接フリーキックで決められる位置でのファウルを気にしていたのかなって思う。

一方の東京は一点目の梶山かしっかりためることにより、同じカウンターでも数的優位と複数の選択肢を持たせることが出来ていた。それに絶好調のナオが走り込んでゴールに流し込むだけに集中できれば、まぁ決まるのかなと。

また、それ以上に嬉しかったのは、長谷川が退場になり、劣勢の状態でしっかりと得点を追加することができたこと。このだめ押し点が、これから戦うチームやなにより神戸に脅威を与えてくれればと思うのだが、で、神戸戦は中盤でパスがうまく回らなくてカットされていた。

疲れが原因か?それとも、中盤のパスの組み立てはシンプルに考えるあまり、二手三手先を考えれば簡単にとれてしまう可能性があるのかなって余計なお世話な想像をしてしまったのだが、、、
 

| 2012年テレビ観戦記 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1426
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ