よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< ホームの逆転劇(名古屋戦前編) | main | ACLの雰囲気と森重の変化(蔚山戦前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コンバート(名古屋戦後編)

実社会でも同じなのかもしれないが、自分の仕事をだれかに託すとき、退職・転勤などでその場所にいない場合でもない限り、やっぱり気になるところ。

そういう意味で、自分が新しい役割を全うできるかではなく、自分が見ている状態で昔の仕事を新しい人が全うできるかどうかというのが大きなカギなのかもしれない。

選手のコンバートとかふと思ったのだが、その選手が違うポジションを出来る適性があるか?というよりは、逆にその選手の空いたポジションを埋める選手がいるか?という気が最近はしてならない。

過去のユーテリティプレーヤー今野のサイドバック・センターバックに始まり、徳永のボランチやセンターバック。そして梶山のトップ下。ご本人以上に代わりにもともとのポジションに入る選手のほうがプレッシャーは半端ないような気がする。

今年で言えば今野はいくら嘆いても戻ってはこないわけだからいずれは風化する。だけど、徳永や梶山は元のポジションをこなすこともできるのである。

この2試合ボランチに自分の居場所を求めていた梶山はトップ下のポジションをこなしている。

過去に梶山がトップ下をしたことがないわけではない。だけどキャプテンマークの梶山同様に、正直良い思いはあまり記憶していない。それはどっちかといえば、梶山がトップ下で生きなかったという以上に、梶山の代わりのボランチになりうる選手がいなかったような気がする。

今年…実は獲得した選手の中でなんで来たのかがさっぱりわからなかった、長谷川アーリアジャスール。その長谷川がボランチをすることにより、トップ下の梶山が生き始めている。

名古屋戦は、米本が再びピッチに戻ってきた。これからコンディションを上げれば、もっとよくなるのは確実な一方で、その米本のトップコンディションでさえ、秀人・長谷川のコンビに割って入るのは難しいかもしれないというインパクトを示してくれた。

開幕前、渡邊と平山がルーカスをMFに押しのけてツートップを組もうと言っていた記事があったが、皮肉にもボランチから梶山が攻撃的なポジションに押し出された。

ボランチが安定していれば、攻撃に比重をかけられるばかりか?ポポビッチのサッカーを体現するように前線から激しい守備もしてくれる。

もちろんこれは新ポポビッチサッカーの体現の一部なのかもしれないが、開けてはいけない梶山のトップ下を開けたばかりか成功させてしまい、オプションを広げた功績はものすごく高い。

実は、今年監督のサッカーを信じていなければいけないと思う反面、2つほど崩れるとすればというところがあった。そのうちの一つはコンバート。町田でもだれか忘れてしまったがコンバートをして成功を収めている。

監督というものは、どうしても前任者と違った色をどこかで出したがる。くすぶっていた選手を大抜擢したり、ポジションを変更したり。もちろん成功すれば万々歳だが、2年前の徳永のボランチコンバートのように時として、コンバートは失敗すると大きなリスクになる。

特に振り上げた拳を下せないような泥沼にはまってしまったらというのも含めて、変なコンバートはしなければいいとはと思ったんだけどねぇ

ちなみにそういえば、今野のセンターバックコンバートも米本がボランチとして台頭してくれたからこそできたんだよな

| 2012年観戦記 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:09 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1424
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/03/20 1:17 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ