よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 鳥取戦 | main | 格上な戦い(岐阜戦) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シュートを撃つ意味(大分戦)

「シュート撃て」と言うコールがあるが、それにどんな意味があるかは人それぞれ

そもそも、シュートを撃つところまで行っていない場合があれば、くずせていない場合もある。
特に単調な攻撃の場合はシュートのバリエーションを増やす必要がある場合もあるかもしれない。
そして後は個人のシュートの能力と言う場合もあるかもしれない。

原さんが東京のことを評して「もっとシュートの練習をします」なんていったことがあるけど、得点を決めると言うのは考えてしまえば難しくなってしまう話題なのかもしれない。

大分戦17本のシュートを放ちながら得点はゼロ。確かにもう少し崩すための工夫が必要だったのかもしれないが

それでも最後のシュートがヒットしなかった場面がいくつかあったことを考えれば、後は最後のシュートの精度と石川/ルーカスの復帰で良いのかなと。

前節で北九州にまさかの大敗した大分だからこそしっかり守ってからのカウンターと言うのにあそこまで徹底してきた大分にとっては、2万7000人あまりの観客を動員したことも大きな力になったのかもしれない。

だからこそそのカウンターをしっかりと抑えていたのは大きかったのかな

にしても、大分に言った人のツイッターなんかのTLを見ているとうらやましい限りで。また大分に行ってみたいよなぁ。

さてなでしこのために体力温存するかな

| 2011年テレビで見た感想 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1411
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ