よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 大熊内閣 | main | 今週末のことをない頭なりに考えてみる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大熊さんと城福さんと

今の所謂J2に落としたときのメンバーは大熊さんに恩義がある選手は何人かいるが、城福さんとの思い出のほうが多いとは思う。しかも、それはナビスコカップと言うタイトルをもたらし、東京にタイトルをもたらせるためのネタとして。説得力のある言葉と言う力があった。

一方の大熊監督は日本サッカー協会での経験は特に世界での経験は城福さんを上回る反面。今の東京での実績は無い。そういう意味で、今年加入した選手はブラジル人選手やレンタル復帰選手を除けば、大熊さんの息のかかった選手がいるかもしれないが、どっちかと言うと谷澤を除いては出場機会には恵まれていない。一言で言えば、今日のサッカーを見てそんな感じがした。「城福さんのサッカーだったらな」と言う感覚がまだ抜けていないような気がするのだが…

持っている力を100とするならば、城福さんは120出すために努力するための術を考えているのに対して、大熊さんは常にどんな場面でも100を出そうとするようにする監督だと思う。ただ…120出す城福さんのサッカーでは、120を出そうとするあまりにリスクも伴うと思う。だからこそ、城福さんのサッカーは沈んで言った。その原因はいろいろとあるだろうけどね

そして…傍から見てもどっちのサッカーに一選手としてやりがいを感じるのかと言えば、それはやっぱり城福さんのサッカーなのかもしれないとも思う。多分…大熊さんのことをクソミソ言っているのを良く見たりするのだが、オシムさん的な感覚で言えば、どちらが優れてどちらが劣っているかと言うのは、今のサッカーの傾向として流行があるかもしれないのだが、多分劣っていないとは思う(少なくても私は)。

だけど…平山と米本と石川と言う戦線離脱の選手がいて、ブラジル人選手が軒並み調整途上と言うことを考えれば、打つ手もなければ…何よりも、選手の求心力が戻ってこないような気がしてならないのだが…

2勝2敗2分け。残りの試合数を考えればJ1復帰を考えればまったく持ってあせる必要はないとは思うのだが…もし…求心力が下がっているのであれば「笛吹けども…」と言う状態であるのであれば、監督を変えてみるのも一つの手だとは思う。もちろん城福さんは反対だけどね。

それを踏まえて選手の求心力が得られるような人材と言うことで考えれば。岡田さんじゃなければ日本国内で手が空いている監督の中にはいないような気がするのだが。

まぁ…草津戦に群馬まで行った方お疲れ様でした。思いはいろいろあるでしょうが、湘南戦/京都戦とやまは続きます

| 2011年テレビで見た感想 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1403
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ