よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 羽生の一撃から始まる反撃(富山戦前編) | main | 大熊内閣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
富山から得たJ2で戦う教訓(富山戦後編)

開幕戦以来のゴール裏での視点を参考に書いてみる。

引いた相手だからスペースが生まれず、攻撃の時に複数の選手に囲まれる。贔屓目に見て東京の選手の方が能力があっても2対1や3対1で抜けるほどの器用さはない。相手はつなぐことではなく、書き出すことに集中しているからなおのこと。しかも前後にコンパクトではなく攻められているサイドに選手が寄っているから、効果的なサイドチェンジができれば効果的なんだが、その能力がないため逆サイドに展開はできない。

それは今までなら米本の役割であり、昔で言えば宮沢の役割であったが、徳永は守備としての能力は及第点を与えることは出来ていても、そのような展開には長けていないから苦しいのかな。

そういう意味では、正直ミスが多かったし、危なっかしいことこの上ないが、上里の方がまだ今後の伸びしろという意味で期待は持てる。根拠はないけどね。

後はサイドバックの動き。攻撃面で椋原も阿部も良くやってはいると思うけど、現代のサッカーではサイドからクロスをあげるだけのサイドバックはあまり怖くは無いと思う。それが、怪我が治ったナオとか本格化したペドロジュニオールとかサイドアタッカーがいれば話は別なんだけど、フリーでクロスをあげることは出来るわけはない。

サイドバックの選手にフォローに行けば、それだけ中が薄くなるのだが、それを覚悟の上で行ったほうがいいのか。そうでなければ椋原なり阿部なりがドリブルで中に切れ込む動きも覚えた方が良いのかなとは思う。

それが出来なければ、中央の選手の能力がオーロイほどの戦力差が無いと正直厳しい。それが出来ないのなら、両サイドのうち片方は徳永がやるべきだと思う。少なくても石川が万全の状態で帰ってくるまでは

まぁ…それ以上に実は心配なのは守備である。気になったのはヴェルディの川勝監督が東京のDFラインが割れやすいと言った事正直ヴェルディ戦でも富山戦でも東京が押していたにも関わらず何回かピンチがあったのは事実。それを防げているのは、今野と森重と言うJ2ではレベルが違いすぎるセンターバックのカバーリングの能力と最後尾に控える権田の能力の高さで持っている。

だけど、カウンターを狙う時にあいたスペースに単純に蹴られ、走る選手との意思疎通がとられるのであれば今後の戦いは厳しいと思うし、そもそもJ1で通用するとは思えない。考えすぎでなければいいのだが、富山が東京都互角に戦えたのは、戦術よりも選手一人一人が自分の力を把握していて、出来ることを最大限に発揮していたこと。最終ラインでつなぐのではなく安全にタッチに逃げていたのはその最たる例かな。

東京はつなごうと言う意識があったが、コミュニケーションはまだまだ足りないと思う。

それが連携が足りないのか戦術が足りないのか

| 2011年観戦記 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1401
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/05/11 8:26 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ