よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< いざファイナルバトルへ【追記有り】 | main | 明日は京都で試合です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山形戦

なぜ、山形は全力で戦ったのか?勝っても、自分の残留にも、賞金にも、ACLの話にもつながらないのに、、、

その答えは山形の相手が東京でありサッカーの試合であると認識していたからである。

逆に東京だって山形の立場になったことはたくさんある。だから、今までサッカーをみてきたから、これっぽっちも驚きはない。

例え、田代と石川とキムがいなくても、それが小林さんが選んだ東京と戦うためのベストの人選と判断したからだと思う。

むしろ、その機会を生かしてやろうと思えるチーム事情がうらやましく思える。

失点シーンは、今年何回か見た形である。

東京はクロスをあげられやすく、真ん中の高さというか強さがない。

田代に対してきれいなクロスがあがった時に、やばいと思ってしまった。その思いがすべてである。

アフターゲームショーでも言っていたが、このタイミングで戦わなければ結果はまったく違っていたかもしれない。

山形が、残留を決めていなければ、それも前節にホーム最終戦でなければ、そのホーム最終戦まで一試合しか味スタで勝っていなかったら、

そして

直前の試合で神戸が勝ち点3を積み上げでいなければ、、、

勝てば長かった残留争いは終わりという見えないプレッシャーは特に米本の固さを出してしまった。

常にマンツーマンでくるだけでなく、引いた山形は433の中盤三人が梶山と米本が通常フリーでボールをもてるスペースを奪った。

それだけでも、山形の有利は出ていた。

もちろん、そんなことを言っても、時間や結果は返ってこない。

ただ、残留争いのプレッシャーはあと一試合で払拭しなければいけないという事実は残ったが

| 2010年観戦記 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1349
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ