よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< ボーナスステージの勝利(スルガカップ) | main | 赤嶺と前田の移籍 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天国と地獄(名古屋戦前編)

確か、ナビスコカップはロスタイムに同点に追いついた。

今回は逆にロスタイムに引き分けから負けに変わってしまった。

昔、サッカーの神様は理不尽なファウルに関しては得点は決まらないようにできているって、小谷泰介(字あってる?)さんが言っていたか、それはPKだけで、フリーキックは例外だと思う。

え?今のファウルなの?と言う雰囲気は緊張の糸がぷっつりと切れてしまう場合がある。マークについていた今野もキーパーの塩田もそして守備陣すべて慢心があったとは思わないが、それでも、名古屋の勝ちたいと思う気持ちが東京の負けたくないと思う気持ちを上回った瞬間だとは思う。

受け入れたくない現実だが、ホームの引き分け記録というなの無敗記録が途切れた瞬間である。それをどう思うかは人それぞれ

そう言えば、『東京こそすべて』で始まる優勝をつかみとれのチャントは最後まで聞けなかった。それがどういう意味なのかは考え方かもしれない。

ストイコビッチが言っていたのは慰めではないと思う。悪いサッカーはしていない。欲しいのは結果。

| 2010年観戦記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1341
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ