よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< ジュビロが強いのか?弱いのか? | main | ボーナスステージの勝利(スルガカップ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
不公平?公平?

新潟戦の結果に関してはあれなんで、省略。まぁ高橋君に関しては良い経験ができたと近い将来いえる日がきてほしいなと思う。

これから、名古屋→鹿島→セレッソ→広島とセレッソが上位かどうかは別問題として、上位との戦いが続く、夏場のつらい時期かもしれないが、根性論は好きではないが、前を向かなければならないし、逆に言えば最初から負けを覚悟しているくらいなら、足を運ぶのをやめた方が良い。

その上で、気になったのは城福監督の試合後のコメントである。

個人的な思いを言うのであれば、この時期の1日違いは影響は大きい。急な日程変更ができないのは重々承知しているのだが、やっぱりなるべくフェアな状態にすべきであると思う。

その反面、日程、移動、両チームのコンディション、累積を含む出場停止など、全くフェアな状態にはできないと思うし、その辺はリスペクトしつつ、アンフェアならアンフェアなりの戦い方を模索すべきだとは思う。

例えば、いつだったか忘れたが、ジュビロがまだ強かった時にACLの過密日程なんかで明らかに疲弊していた時に、ウォーミングアップを日陰でなるべく体力を消耗しないように行ったことがある。

常に万全の体制で戦えないのならば、戦えないなりに、いかに勝ち点を積み上げるかに固執すれば良いと思う。もちろん、新潟戦のメンツをみる限り、そうして失敗したのかもしれないが

ちなみに、日程にしろ審判のジャッジにしろ城福監督のコメントに負けたときにそういう節があるのは何回か聞いたことはある。

個人的な思いとして、サッカーは東京だけではできないからこそ、ほかのところに、訴えたいのはわかるが、残念ながら負けたときに言っても負け犬の遠吠えにしか聞こえない。

湘南戦のあととか勝ったときに言うとか、勝った時に相手は審判のジャッジに不運な面があったとか言うべきだと思う。

まぁ、サッカーと言うのはもしとか言い出したら、たいがいの試合は勝ったり勝ち点を積み上げられるものだと思う。

だからこそ『もし』無しで勝ち点を積み上げられるためにはどのようにすれば良かったのかを考えるのが大事だと思う

もちろん、負けた試合を『しょうがない』で片付ける日もあるとは思うが、、、

| 2010年テレビで見た感想 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1339
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ