よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 仙台戦のポイント | main | ワールドカップ日本代表発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィニッシュの精度(仙台戦前編)

一言で言えば運がなかった。しかしその一言で片付けられるほど楽観視できないのも事実かな。

前半のクロスに合わせた平山。

後半のミドルがうてる状態で出した前への平山のパス。

松下の終盤のシュートも含めて、選択肢はもう一回パスを出すべきか?シュートを打つべきか?と言う選択肢に迷いがあるように思えたのと

ペナルティーエリアの中では飛び込むことも重要な要素であったような気がした。

ゴール前の選手は最後のワンプレーはきれいに行くこともそうだがあてることも重要。ポゼッションによる遅攻は相手にもしっかりと体勢が築かれる。相手よりもより優位に動くためには少なくてもシュートの場所は2箇所か虚をつくような場所に放たなければいけない。そういう意味では素直な感じなのかな

一点入れば好転するような予感もするだけに、なにかきっかけがほしいところ

今は重松と言う魔法もなくなってしまったからなおのことである。

ちなみに昨日はゴールデンウイーク最終日の方もいたであろう、こどもの日。招待券の恩恵もありながら26000あまりの観客ではやはり少し寂しいような、、、

そんな状態で私の観戦仲間も含めたそうそうたるメンバーを含めたペーニャの飲み会。

楽しめる部分はありながら、試合の話題には婉曲にふれるだけ。これだけメンバー揃いながww

そういう思いをしていたら、ここの文章に遭遇した。そう重要なのはまっすぐに平常心。でもその本人が一番平常心でなかったような気がするんですがね

リーグ中断まであと二試合、、、

| 2010年観戦記 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1315
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ