よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 控え組の意地と柔軟性(神戸戦後編) | main | 新潟から権田が学んだこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そうだ新潟に行こう
東京の最後の相手は新潟である。

ホーム最終戦で藤山と浅利の二人が思い出の地と言った、J1昇格の地である。

場所が新潟陸上競技場からビックスワンに変わったとしても、変わらない想いである。

昔を知る者として、J2を知る選手がいなくなった。

そういう意味で今までのピリオドと新たな一歩目を踏み出す場所にはうってつけだと思う。

さて、平松のこんな記事が東中に出ていたが、恥ずかしながら開幕前にこんな記事を書いている。

真意は、、、私は、今年一年間を潰したとしても、権田修一が東京を支え、日本を代表するキーパーになってくれるならば、開幕戦と第2戦を捨てても構わないと思っている。

結果を書くにはまだ一試合足りないが、その開幕戦の屈辱を返す大きなチャンスである。

権田は、リーグ戦のすべての試合のゴールマウスを守り続けた。

その間15試合で無失点と言うリーグタイ記録を達成した。

記録だけでなく記憶も残してくれた。

自分の手前味噌で申し訳ないが、権田よりうまい選手は何人も知っているが、権田ほど可能性を感じさせる選手がいない。と言う結論はまだ書かないが、思った通りの成長は見れた。

社長は権田は日本を背負える素質を持っている。もしここでつぶれてしまえは、それまでの選手かもしれないが、彼ならやってくれると思う。

と開幕前に言っていた。

その結論の一端として、新潟戦で新たな上積みができるかを期待したい。

もう一つ。

鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
浦和レッズ
ジェフユナイテッド千葉

共通点はホームでもアウェイでも負けてしまったチームである。

今年ホームで負けたチームにはアウェイでも負けている。

偶然かもしれないが

で、新潟にはホームで負けている。だからこそ、上の奇妙なジンクスを打破し、アウェイで撃破してほしいものである。

因みに私は道中はひとりでこっそりLIVREのバスツアーで行くつもり。

店長のゾノさんに感謝しつつ。

藤山と浅利の本当の最後の試合を見届けてきます。

10年前のあのときと同じように。
| よっし〜の独り言 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1213
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ