よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 浦和に勝てない何か(浦和戦前編) | main | 息子が二歳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
前半と後半(浦和戦後編)
監督は五分間でやられてしまったと言った。

勝負というものは優位にゲームを進めているものの方が勝つというものではない。

だからこれがサッカーと言ってしまえばそうなんだが、、、

浦和は今野とブルーノのセンターバックコンビがボールを持っているときは、ライン深くまで追わなかった。

阿部勇樹と鈴木啓太はディフェンスだけは腐っていなく、米本梶山のコンビを抑えていた。

両サイドの動きはしっかりと把握されていた。

端的に言えば、椋原は中に切れ込むことはないと読まれていた。

徳永にボールが渡ったときはコースを完全に防がれていた。

疲れからかいつもより迫力がなかった両サイドは浦和に握られてしまった。

リトリートの守備を使われ、真ん中を固められたらのは事実だが、結局は横の揺さぶりだけではなく縦の揺さぶりも欲しかった気がする。

確かに結果論だが、、、

ちなみに上に書いたのは前半終了時点の私の感想である。

つまり、先制点を与えてしまったら強いという事実をどれだけ理解できていたかということ。

贔屓目なしで押していたのは東京である。

相手は腐ってももと元アジアチャンピオン。負けないような気がすると浮かれていたのならば再考しなければいけない。

ちなみに、昨日目立ったのは山岸とサイドバックの高橋。向こうの監督も絶賛していたが、ディフェンスラインの中で前に正確に繋ごうという意志があった唯一の選手である。

ただ、多くの人が言っているように、今の浦和はまだ監督の理想の絵どおりに動いているどころか、迷いがあるのも事実。

そんなチームに負けてしまったのは、監督曰わくの「優勝で浮かれていたと言われてもしょうがない」というセリフであろうか?

そういえば、スカパー!のハーフタイムの東京特集はナビスコが終わった後にとったであろう椋原であった。

これも結果論であるが、椋原は浦和戦ではブレーキ気味であった。

因みに、そんな浦和は昨日は一言でいえば攻撃も守備も二速がなく、一速からいきなり三速にギアチェンジしていた。

そのリズムに戸惑っていた感じもする。

まぁ首位川崎とは勝ち点差9得失点差は15?

おまけに梶山の2試合出場停止。

もう「優勝を掴み取れ」は歌うべきではないだろう。少なくてもリーグ戦では

ただ残り三試合は勝利を掴み、少しでも順位はあげてほしい。

今年もACLの出場権は上位3チームと天皇杯優勝チーム。

かぶったら四位のチームだっけ?
| 2009年観戦記 | 20:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:32 | - | - |
腐っても×2…


アベ&ケイタは現代表と元代表さん


それから浦和は勝ち点がうちと同じチームでしょ(笑)

悔しいのは解るけど言葉は選びましょう!


私は試合は見てないけど、速報と静まり返る飛田給駅に町田の勝利の喜びが半減しましたから(涙)
| 味スタまで徒歩5分 | 2009/11/10 3:34 PM |

>味スタまで徒歩5分 さま

これでもかなり言葉は選んでいるつもりです
代表や元代表を贅沢に使いながらと思います

| よっし〜 | 2009/11/12 11:25 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1202
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ