よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 勝者の条件(三度目の正直はどっち?) | main | 川崎が勝てない理由?(ナビスコ決勝前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勝利への渇望
昨日も書いたが勝者の条件はちょっとしたことが、勝負のあやになるかもしれない。

ちなみに、五年前はこんなことを書いている。

三年連続決勝に進出している浦和に比べて勝ちたいと思う力がより強かったから勝ったのではないか。

東京と川崎どっちが勝ちたいかというのはやっぱり今年も変わらないのかな。

ただ、東京側にいれば、自分自身がどれくらいの雰囲気を作れているかというのはわからない。

正直どうなんだろうね。

勝ちたいと思う気持ちは絶対に川崎に負けてはいけないと思う。

だけど、ことゴール裏の応援スタイルの話になると、身内批判みたいな話もくすぶったりしますよね。

川崎芋族、、、じゃなかった川崎華族という中心地がはっきりしているのに対して、東京の中心地はイケイケと呼ばれる方の立ち位置が微妙なのは否定しない。

中には、東京は好きだがゴール裏の観戦スタイルは嫌いだとか、昔は良かったなんて現実逃避する人もいる。挙げ句の果てにそんなことを書いたら「だったら直接言えば良いじゃん」と自分の立ち位置も示さずにいう人もいる。

個人的にはつかず離れず、彼らを選手と同じように育てていく(なんて言ったらおこがましいかもしれないが)視点であれば良いのかなって思いますが、、、

話がそれてしまったが、勝ちたいと思う気持ちは絶対に川崎に負けてはいけないと思う。というのに一番重要なのは中心地にいる人ではなくそれ以外の人だと思う。

一点取ったときに相手にプレッシャーを与えることができるか?

一点取られたときに相手のプレッシャーを跳ね返し前を向くことができるか?

勝っているときに浮かれずおごらず、集中することができるか

負けているときに、最後まで諦めずに戦うことができるか?

すべては東京のことを応援している一人一人の考えだと思う。

一つだけ何回か書いたエピソードを

応援の理想は人それぞれ、90分間360度飛び跳ねていることが理想の人もいれば、声を少しでも多く出すことが理想の人もいる。

人によっては存在だけでプラスという人もいるだろう。

ただ重要なのは自分のできることを半歩でも一歩でも前に進めることである。

手拍子をするならば少し高い位置に上げて手拍子をしてみようとかね。

その積み重ねが良い雰囲気を産むと思うし、私の理想。一点とったときの爆発的な歓喜につながると思う。

さぁ明日は決戦。三度目の正直で川崎を粉砕し、川崎には二度あることは三度あるを突きつけたい。


個人的なことを言えば今年のワーストは味スタの川崎戦。油断がなかったといえば嘘になる。その油断が足元をすくったと今でも思う。多くのことを学び多くのものを失った。

久しぶりに酔っ払いぶっつぶれてしまったのにはいろいろ理由がある。だけど、あの屈辱を過去のものとしてここで清算したい。

あともう一つ。川崎芋族、、、じゃなかった川崎華族を美化している文章に見えるかもしれないが、そんなことはない。

中心地におんぶにだっこという体質は時として想像以上の周りの馬鹿を産む

勝てば官軍の意味を履き違え東京のとあるサイトの揚げ足をとり荒らしているバカがいた。

その悲しみを食らったその管理人が

「ざまぁみろバカやろー」と心底叫べるように東京に勝ってほしい
| 決勝ネタ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:11 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1196
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ