よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< きっかけの一歩目(神戸戦後編) | main | 知り合いの輪を広げること(いまさらながら青赤なオフ会の話2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
芝生のグランドを増やすこと
ナンバーの最後の記事に芝生の重要性が記載されていた。

Jリーグの基本理念の一つに芝生のグランドを増やすというのがある。

日本サッカーの現状といえば今のJ1J2のチームの状況ばかりが目に移ってしまうが、芝生を増やすことの意味はどの辺にあるのだろうか?

もちろん、私はすべてを知らないのだが、その中の一端がこの文章にあった。

簡単に書くと

クロスはニアに蹴るよりファーに蹴るほうが統計的な面も含めて得点の可能性があがる
しかし、クロスをファーあげるのには技術がいる
現実に日本の試合もファーに蹴るより、ニアに多く蹴られる。

ここからが重要で

ある教授の話によると、芝生のグランドでの経験が多いほうが正確なクロスをファーにあげることができる。

しかし、土のグランドで練習している中高の部活動等では、より正確なクロスをあげられるニアに蹴る技術を求める。

つまり、芝生のグランドを増やすことはファーに蹴れる技術をもつプレーヤーを増やすことになるということだ

真意は知らないが、サッカー人生のほとんどを東京で過ごしている権田はキック力はかなり良い

本当なのかなぁ
| 雑誌情報 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1117
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ