よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 梶山と鎌田(柏戦前編) | main | オフィシャルサイトの役割と椅子破損の結末 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フランサのいないレイソルと今野と長友のいない東京(柏戦後編)
前編で書いたようにスタンスは負けているチームは2得点以上とれていないか、1失点以内に抑えていないかのどっちかである

どっちを先に着手しなければいけないかと言うならば守備であろう

10失点の内訳(個人的解釈)

セットプレー:5
裏狙われた:4(うち一つはくずされた完璧なかたち)
平松のチョンボ:1

セットプレーもコーナーが3つ昨日のファウルのとられ方に問題こそあれ、直接フリーキック改善は必要だが、コミュニケーションと相手の動きを改善することでいくつか改善されるであろう

問題は裏を狙われる動きである。

昨日はフランサがいなかったからか、両サイドの大津と太田がひたすら裏をねらい、高いクロスか、グラウンダーのクロスか真ん中の状態を見極めて攻撃していた。

オフザボールの動きに長けている太田とボールを持ってから持ち味を出す大津。

前者を藤山、後者を徳永がマッチアップしたときは手を焼いていたが、逆になったら落ち着いた。

しかし、終始裏を狙われた内面にその時のフォローやカバーが少ないような気がした。

ディフェンスのセオリーは1人余らせて数的優位をつくる。

しかし、今の東京にはそれが無い気がする。言い換えれば、1対1で負けたらそれで終わり。そんな感じがする

それを表しているのは、ボランチとディフェンスラインがそれぞれ守備をしているが、ディフェンスラインの数が足りないときにボランチがカバーをしていない。浦和は阿部や鈴木がディフェンスがオーバーラップしているときにカバーしている(もちろん、それが良いとは言わないが)

それでも、今野、長友と守備力に長けていて、ボールをとられないならば良いのだが、、、

少なくてもつなぐ意識は大事でも、自陣でのミスはこのディフェンスでは致命的である。

両サイドがあがるときは、梶山といえどシンプルに絶対にボールをとられないプレーを意識しなければならないと思う。

そして、4試合連続1得点の東京だが、4試合相手が違えど、右肩上がりでよくなっていると思う。

得点に関しては運が左右される。それこそ、我慢比べでこのまま行けば2点目3点目ととれると私は思う。

少なくても、オフェンス陣に得点をとる気があるならば、、、

今回で言えば、相手のボランチは山根と鎌田といわゆる守備が得意な選手だったのもあるし、南も失点時以外はあたっていた。

もちろん、そのために守備が改善されなければいけないとは思うが、、、

あえて言うなれば、90分間同じリズムで戦っていると思うし、自陣前でもアタッキングサードでも同じリズムで戦っている気もする。

言いたいことは
サッカーは勝っている試合を失うことを負けたはずの試合を勝利することもよくあること。運命を受け入れるのは難しいから、メンタルを強くすること。

去年に戻ることは出来る。だけど、今年のサッカーが理想ならばもちろん結果も大事だが落としどころは、去年のサッカーに戻ること

ではないはずである。

後は、Bチームの柏に今野と長友抜きの東京が負けたのは恥じることではない。戦術は同じでも、Bチームの柏は戦術理解が出来ていた。もし、負けるのを恥じるとするならば、Bチームだと見下した精神に恥じるべきであろう(少なくても、そうは思わなかったので書いているのだが)

城福監督の理想はあくまでベースでしかない。そのベースの上で個々の能力を高めるために個人のポテンシャルを高めること
| 2009年観戦記 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1113
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ