よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 5.長友佑都 | main | 4.ブルーノクアドロス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィンケは本物?(浦和戦プレビュー前編)
インデックスはこちら

バイエルンと提携している浦和が白羽の矢をたてたのは、ドイツの老将である。

私はサッカー雑誌を読まなくなったほうだと思うが、それでもネットを含めて彼のインタビューや特集記事を5回は読んだと思う。

その時の率直な感想を言えば、2人のインタビューとダブった。

一人はオシム。もう一人はガーロである。

もちろんガーロとオシムは重ならなかったが、率直に言ってなんで重なったかはなぞである。

インタビューを聞くかぎり、信念とビジョンはしっかりしていたし、言い方に引き付ける何かをもっている。

ただ、ガーロを引き合いに出しているにもわかるように、しゃべり口に引き付けるものがあっても、かならず成功するとは限らない。

もちろん、老将であるからこそ油断はできないのだが、、、

それ以上にビックチームを率いたことがないというレッテルをどう崩すかである。

思うに、たぶん、浦和が好調なときであれば、この監督を雇うことはなかったと思う。

今までの浦和とほぼ正反対なことをする監督であることは間違いないから。

いちから、ゼロから、マイナスからするのならば、もしかしたら成功するかもしれない監督である。

それは逆に言えばいちから、ゼロから、マイナスからチームを作る気がないのであれば、選んではいけない監督なのである。

レッズサポーターを『辛抱強く待ち続けてくれる真摯なサポーター』と言い、欧州方式をどんどん投入する練習方法。

結果が出るのが先か?プライドが折れるのが先か?

さらに、この手の監督はトップリーグの優勝経験がない監督が多い

優勝を義務付けられた監督のプレッシャーに耐えられるのか?

余計なお世話だが、そう思ってしまった。

東京は結果よりも先に折れてしまったのだが、果たして浦和はどうであるか?
| 2009年試合前プレビュー | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - |
私はこの方はすぐにというのはないですけどレッズを変えてくれると思います。確かにドイツでは優勝経験もない監督ですけど、3部リーグの大学生の選手が所属していたような小さなクラブを最高で1部の3位まで上げたらしいですから、腕は本物だと思います。(バイエルンミュンヘンに5-1で勝ったこともあるとか)
| Y.K | 2009/03/11 1:11 AM |

>Y.K さま

コメントありがとうございます

フィンケに関しては、結論から言えば、我慢すれば変わってくれる可能性が高いと思っております。そのガマン比べが出来るかどうかですね。

他人事ながら

思うに弱小チームを常勝チームにかえることが出来る才能を持っていた監督だとしても、常勝チームを優勝できる才能を持っているとは限らないし

バイエルンに大勝したからと言っても、それが優勝できる根拠にはならないと思います(そもそもどんなシチュエーションで5−1になったか説明がないわけで、そんな理由ならマリノスの木村監督は名将になってしまうわけで…)

それと、世界のトップスタンダードや欧州では常識の練習方法だとしても、それが浦和にあうかどうかはなぞですね

それに、悪い言い方をすればここまで子供扱いしている監督も久しぶりだと

まぁ、その辺も含めて、楽しみですよ
| よっし〜 | 2009/03/11 11:28 PM |










http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1097
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ