よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< ヒロシの挨拶(新潟戦前編) | main | 1.5列目のケア(ジェフ戦中編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最終戦の結末(ジェフ戦前編)
個人的な意見を言うならば、前日まで

ジェフに残ってほしかった自分と東京に勝ってほしい自分がいた。

スタジアムについてからそんなことはなかったが、少なくても葛藤はあった。

過去に何回か降格の場面に遭遇したことがあったが、、、ジェフ戦ほどそう思ったことはなかった。

それは私の元上司がジェフファンだからではなく、ましてや、緑さんに降格してほしいからではなく、そんな気持ちをさせてくれるのはジェフというチームの人柄なのかもしれない。

あの日の試合。たぶん2対0から1点取られるまで、敗北を意識していた人はいないであろう。

ただ、2点差の恐さというものを感じさせてくれた。

批判覚悟で言うならば、あの後半出足の2得点目がなければ、1点差や3点差ならもっというならば、2点目が後半の最後のほうに決まっていたならば結果は異なっていたかもしれない。

2対0になってから浅利と今野の攻守に対しての比重が変わった。それ自体はセオリー通りなのだが、1失点したときに11人のバランスがボランチから崩れてしまった。

もちろん、勝たなければいけないジェフだからこそなしえたものだからかもしれないのだが

一瞬の同情がピッチの選手にあったかどうかはわからない。

ただ、私を含めたゴール裏の一部にあったような気がした。

最後の20分で失った4000万の価値は来年への課題だが、、、たとえACLに行けなかったとしてもその価値は大きいかもしれない。
| 2008年観戦記 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1006
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ