よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
<< 優勝は出来なくなったが… | main | 最終戦の結末(ジェフ戦前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ヒロシの挨拶(新潟戦前編)
監督の挨拶は想定の範囲内の声がでない状態であった。

羽生と今野を口説き落とした東京の今年の監督は、一言で言うならば情熱的な監督である。

個性的な監督で、東京の監督をしているだけで、観客動員に貢献してくれた原さんと違い、全国的な知名度はない。

だけど、城福さんは、過去の監督以上に愛される資質をもっているのではないか?

そんなことを感じさせてくれた。暖かい挨拶であった。

手前みそだが、監督が城福さんで本当によかったと思う。まだ終わっていないのだが、、、

その最終戦は塩田があたっていた。この試合はまさに塩田のおかげで勝ったようなもの

得点シーンはいつもはあがっていない茂庭があがったことによるマークの微妙なずれをついていた。

たんなる偶然だがやはりモニはなんかをもっている。

赤嶺はあの場面で決めたのは見事。

ただ、得点できなかったとはいえ平山とエメルソンには一定の評価をしたい。

大竹と赤嶺が生きたのは、先発していた2人が貢献していたからだから

さて、最終戦相手は勝たなければいけない相手。個人的にはジェフは好きなチームと言えるチーム。

だけど、いい人東京ではなく全力で戦ってほしい。
| 2008年観戦記 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |









http://yossykzr.jugem.cc/trackback/1005
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ