よっし〜's weblog

一応FC東京のことを書こうと思っています(←おぃ)
since 2000.6.18
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
29(初代).前田和也
所属歴:佐野日大高→FC東京→佐川印刷(レンタル)→FC東京→モンテディオ山形
ポジション:DF
主な代表歴:なし

今年最初はいたのだが、夏に山形に完全移籍。その後はJ2で出場機会は得ているものの、活躍しているかは最近のJ2には疎いのでなぞ…何とか今年は観る機会をえたいものだが
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
29(2代目).ワシントン
所属歴:クサンティ(ギリシャ)→カリテア(ギリシャ)→サンジョゼ→オサスコ→アメリカーノFC→バスコダガマ→広州(中華人民共和国)→アメリカーノFC→カイシャス ド スル→アメリカ ナタウ→アメリカーノFC→ポルトゲーザ→SEパルメイラス
ポジション:FW
主な代表歴:なし

ガーロ前監督が助っ人として白羽の矢を立てたFWただ…デビュー戦がアウェー浦和戦というのはあまりにも悪すぎた。リベルタドーレス杯得点王という片鱗は見せてくれたものの、結局はレッドカード癖があったのも事実。まぁ日本のサッカーにもう少しなじみ時間があればと思うと重ね重ねもったいない感じはするのだが

今は、もう監督をやっているガーロの助っ人としてパルメイラス以外のチームにいるとかいないとか…
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
30.松尾直人
所属歴:近大付属和歌山→神戸→セレッソ→神戸→新潟
ポジション:DF
主な代表歴:なし

神戸からやってきた左サイドバック、なんでも高校時代にオファーを出して当時はJFLのためにふられてしまったらしいのだが…

正直に言えばいまさらなんで獲得したのかは気になる。何せ来た瞬間に怪我でまったく機能しなかったのだから…メディカルチェックで引っかからなかったのが気になる。
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
33.小澤竜己
所属歴:青森山田高校
ポジション:FW
主な代表歴:ユース代表(カナダ)

2006年に加入してきたFW。確かもともとは名古屋の選手で青森山田高校では10番を背負っていた。

コメントからは強気な発言等もあったのだが、出場は倉又監督就任直後のジェフ戦で途中出場→途中交代の1回だけ(のはず)。

とりあえず魂の塊みたいな動きをするので、個人的には好きな選手の部類だとは思うのだが…
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
34.柴崎貴広
所属歴:ヴェルディ→横浜FC
ポジション:GK
主な代表歴:なし

今年やってきたGK。正直身長が高いキーパーと言う以外には、緑出身の初めて(東京から緑に行った人をのぞけば)の所属選手と言うことと、個人のブログ以外にはあまりいいインパクトは無い。

来年からキーパー王国になりつつある東京の中でどう色を出していくのかが大事だとは思うのだが…
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
35.リチェーリ
所属歴:ナシオナルAC(ブラジル)
ポジション:FW
主な代表歴:なし

2005年から練習場でなぞの練習生であったのだが、スピードを生かした衝撃的な開幕戦のデビューを果たした。ただ、そのスピードに対応できていない感じの体が少し残念。

来年は使い方しだいでは面白いかもしれないと思うのだが、とりあえずは身体を作ることが大事か?
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
36.吉本一謙
所属歴:FC東京U−18(2種登録選手)
ポジション:DF
主な代表歴:U−17代表

高校1年からユースではレギュラーを張り、一説によると森本(カターニャ)と中学時代に互角に戦うことができたと言われているセンターバック。彼らの高校時代を詳しくはしらないのだが、贔屓目なしで、茂庭や増嶋と比べても優秀な人材であるかもしれないと思っている。(実際私の観戦仲間にはそう言いまくっていた)

去年・今年と怪我がちでトップチームに帯同しながらも公式戦はサテライト1試合出場のみ。とはいえ今年数試合見た感じではユースレベルであれは反則であろう。

来年以降はトップチーム噂では茂庭と1対1をやってもまったく歯が立たないらしいのだが、博実と言う練習でヘディング勝負ができる人材も現れたわけだし(爆)。まずは経験を高めながらロングフィードの蹴り方の矯正からかな
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
37.権田修一
所属歴:FC東京U−18(2種登録選手)
ポジション:GK
主な代表歴:U−17代表

2005年にトップ帯同を果たしたキーパー。東京のU−17日本代表4人衆の1人。個人的な贔屓目はあるものの、技術で言うんだったらU−21の松井なんて足元にも及ばないくらいいいものをもっていると思う。確かに西川に比べたら……だけど、根性はあるし、何よりも一度見ればわかるくらいのキック力の強さを誇る。

今年はとにかく1年間怪我に泣いた感じが非常に強い。しかも今年台頭してきた廣永もあってどうかと思ったのだが、先日フクアリで見た感じだと(とは言っても相手は仙台だったのでほとんど出番がなかった)キックの精度が無茶苦茶高くなっていた。

正直塩田・土肥の壁は厚いのかもしれないのだが、来年はサテライトは1年間権田君を使ってほしいなぁと思ってみたりする。
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
38.中澤聡太
所属歴:市立船橋高校→柏
ポジション:DF
主な代表歴:ユース代表(アルゼンチン)

2006年ワールドカップ期間中にレンタル移籍で加入してきたセンターバック。前監督が大きなセンターバックがほしいからと言う発言だけでつれてきた感じが非常に強いDF。高校選手権時代はこの年代最強のセンターバックと言われて柏に加入したときは、しばらくは柏は安泰と言う話にはなったのだが・・・

とりあえずサテライトで何試合か見ただけなのだが、思ったほどトータル的には悪くは無いと思うのだが、1試合に数回、失点チャンスを与えてしまうと言うセンターバックとしてはあまりにも致命的な欠点を持っているのが非常に残念。

ある日と曰くJ2で通用しないのにと言うのはやっぱり本音であろうか?もちろんしっかりと育てれば花が咲く可能性はトータル的には悪くないと言う一言で語って……いない?(汗)

ちなみに過去の人気をはくしてか?38番のプロコンシャツを販売していたのだが、個人的な意見を言わせてもらえば『私はにわかです』って言っているだけのような気がしてならない。

まぁ平山が加入したせいで『ソータ』と言うよび方がかぶってしまうなど外的ネタが多かったような気がするのだが…
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
39.平山相太
岡山に行ったわけではないのに体調をくずしてしまいましたw

で、選手名鑑が終わる前に東京の1年が終わってしまったので回顧編に変更。目標はチームが再始動するまでに書きたいなぁ

所属歴:国見高校→筑波大学→ヘラクレス(オランダ)
ポジション:FW
主な代表歴:ユース代表(UAE、オランダ)オリンピック代表(アテネ、北京)

2006年に加入して来た大目玉。ワールドカップのときにスポーツヤァにて連載記事を書き、オランダで10得点を挙げていたことを考えても、日本に戻ってくることは想像もできなかったし、しかも東京に来ることはもっと想像できなかった。

と言うより、高校時代にもオファーを出していたのは知っていたが相思相愛だったのは知らなかった。

で、それから先は、スターシステムのごとくまるで毎日平山が中心になって世の中が回っていると錯覚してしまう毎日

・体脂肪15%疑惑
・電車の中でおにぎり食べる疑惑
・初ゴールの後で看板撃破
・U−21代表でゴール後に投げキッス
・国見だから体力が自信がある宣言

などなど確かに話題には事欠かなかったのだが…これが計算ずくならマジ天才だと思う

とりあえず、今年は顔見せ。来年が勝負だと思っているのでがんばってほしい
| 2006年選手名鑑(回顧編) | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 東京中日スポーツ様
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ